用具検証 「スワットスピード」 × 「OMEGA V TOUR」

廃コストパフォーマンスを誇る7枚合板「スワット」シリーズのスピードアップ版「スワットスピード」と、硬めのスポンジで重量のあるパワーヒッター仕様「OMEGA V TOUR」の組合せ を検証・数値化

 

打球感 6

スワットスピード自体の硬さはそれ程ないですが、OMEGA V TOURの硬さが一気に打球感のバランスを変えている印象ですね OMEGA V TOURの硬さはシート・スポンジ共にですから、スワット系のラケットでバランスを取っています グリップさせるにはシートに食い込ませるパワーが必要ですが、ラケットが7枚合板としては弾きが強過ぎず、硬さが抑えてあるラケットなので、OMEGA系のような硬く、飛び出しが早いタイプのラバーとの相性は良い印象ですね

弾性 6~6.5

OMEGA V TOURの強い弾性を7枚合板としては使いやすいタイプのスワットスピードがスピード性能を落とさずにコントロール性能をキープしている印象ですかね ラバー自体のスペックは威力を追求しているタイプで、回転をかける事が容易ではないので、ラケットはコントロールと弾性や打球感のバランスが良いタイプの方がOMEGA V TOURの個性を活かしやすくなります 下がった位置から強烈なボールを打ち込めるだけの球威やスピード性能をOMEGA V TOURは獲得しているので、それをスワットスピードが更に威力を上げつつもコントロールを可能にしている組合せですね

球持ち 6~6.5

ラバーの硬さが特徴的で、スワットスピードでバランスが取れている硬さですね スポンジ・シート共に硬いので、軽い打球ではシートに掴ませる事は難しく、弾き出してしまいます スワットスピード自体の硬さはそれ程無い印象でしたが、ラバーの硬さが前面に出ており、つなぎの打球等では回転をかける事が特に難しいですね つなぎの際にも強い打球が要求されるラバーなので、細かな部分での飛び出しの早さが気になる所です スワットスピードが硬く・弾きの良いタイプで無い事で何とか硬さを抑え込んでいる組合せ ですかね

総評 7.5

打球感のバランスやラバーの特性を活かす組み合わせとしては良好ですね 威力追求型でハードヒッター仕様であるOMEGA V TOURをスワットスピードの7枚合板としては硬すぎない打球感が上手くバランスをとっています とはいえ、OMEGA V TOURの硬さや弾きの強さは万人受けはしないラバーなので、多少使い易さはアップしていますが、使いこなすには容易ではない印象ですね 特につなぎ球や台上等の細かな打球の際に弾いてしまうので、細かな部分で回転をかける際にもしっかり打球する事を要求されます 最も強みがでるのは少し下がった位置からの対上回転のラリーですね ボールの威力で押していく事が出来ます 威力を落とさずにコントロール性能をアップさせる事に成功しています 後はラケットが比較的軽量な物が多い点が総重量を抑える事に一役買っている事が大きいですね 7枚合板としては80g台前半 というのも珍しくないラケットなので、重量のあるOMEGA系のラバーであっても、振り抜きやすくなってます ラバー自体は万人受けするタイプではないですが、ラケットは万人受けするタイプなので、トータルのバランスは良い組合せでしたね

アリ? ナシ ? 実験者感想

このラバーの強みを活かすシーンで卓球をするプレースタイルではないですが、球威は非常に良いので、ドライブで打ち合う展開には相当な強さを発揮しますね 組合せは非常に良い印象でした ただ、オメガVツアーは個人的には難しかったですね 今回の組合せはバランスとしては良かったですが、ラバーの威力を引き出すにはやはりパワーヒッターでないとラバーに振り回されますね 威力に関しては文句なしです スワットスピードがかなり打球感を調整はしているんですが・・・ スワットスピード自体は汎用性の高いラケットで、ラバーとのバランスがとりやすいラケットですね 使いやすいラケットでした