プラスチックボール対応版として登場
シート改良で掴みの良さがアップ
「XIOM OMEGA V TOUR DF」

日本市場では、従来の「OMEGA V TOUR」が廃盤となり、この「OMEGA V TOUR DF」が新しくラインナップされています 劇的に変化したのはトップシートで、硬さのある従来型から大幅にシートの掴みがアップしています

%e3%82%aa%e3%83%a1%e3%82%acv%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%80%80df-2  %e3%82%aa%e3%83%a1%e3%82%acv%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%80%80df-4  %e3%82%aa%e3%83%a1%e3%82%acv%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%80%80df-5

基本的なパッケージは従来型と同じですが、左下の部分が「DYNAMIC FRICTION」に変更されていたり、「左上の方に「PLASTIC BALL READY」という文言が加わる等、プラスチックボール対応を前面に謳うものになってます スポンジ硬度は従来型と同じ「47.5°」ですが、シートの影響はかなり大きく、打球感がソフトなものへと変わっていますね

%e3%82%aa%e3%83%a1%e3%82%acv%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%80%80df-3 %e3%82%aa%e3%83%a1%e3%82%acv%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%80%80df-1

ラバーの質感は赤よりは黒の方が従来のタイプと見た目上は変わらないですね 触ってみると、かなりシートが軟らかいので、OMEGA系のラバーなのかと驚きます スポンジはハードですが、シートの特徴が大きく出ている為、打球時にシートが弾くような硬さは無くなり、軽い打球でもグッと掴むシートとなっています

球離れは従来型と比較すると球持ちが格段になってますね 前述している様にシートの掴みが大きく関係しています これにより従来型の様に強い打球でシートにボールを掴ませるだけの力は必要なくなってますね 掴んだ後にボールが上に上げやすくなっており、弧線が作りやすくなっています が、、これはプラスチックボール対応のラバーに多い印象ですね 少し弧線を強制的に作りすぎてしまう様な球筋です ただスポンジが硬めで弾きもあるので、打球感がソフトすぎないのはこのラバーの特徴です

回転は抜群にかけやすくなっていますが、若干従来型と比較して、球威が軽くなっている印象を受けます 従来型はかなりハードヒッター仕様で仕上がっており、扱いづらさもありましたが、それに見合ったボールの威力を有していたラバーではありましたね 対してDF版は可能な限りボールの質を落とさずに、万人受けタイプのラバー といった印象です 従来型ほどパワーを必要とせずにシートにボールを掴ませる事が可能になった上、弧線弾道が強いので、安定性の高さと回転性能のバランスを取っているラバーですね  特殊素材系とあわせるのであれば、DF版の方が重量や打球感でのバランスがとりやすいラバーです

従来版が球威で圧倒するタイプでやや下がった位置からでも強いボールが打てる、ラリーに非常に強いラバー という印象でしたが、DF版は球威は落としたものの、シートの掴み易さからくるドライブの打ち易さ、弾道の安定というのが魅力ですね 軽めの打球でもシートがグッと掴んでくれるので、前陣でのドライブが打ちやすくなってます ネックなのはハードヒット系時に掴み過ぎてしまう所ですかね スポンジが硬いので、潰れるまではいかないですが、弾くには少しシートの掴みが気になる所です 「OMEGAらしさ」はあまり感じられないものの、プラスチックボール対応バージョンらしいラバーに仕上がっていますね