更に回転性能が進化 硬いシートを採用
「XIOM OMEGA V TOUR」

スピード重視のトップ仕様ラバーとして登場した「OMEGA」も「V」となり、回転性能の大幅な向上をしています 更にプラスチックボールへと対応した技術「DF(DYNAMIC FRICTION)」を採用したバージョンが登場した事で、日本市場では廃盤となった「OMEGA V TOUR」ですが、プラスチックボールでのグリップ力は高いラバーです タイプとしては硬めの打球感でラリーに強みを持つラバーですね

%e3%82%aa%e3%83%a1%e3%82%acv%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc-3  %e3%82%aa%e3%83%a1%e3%82%acv%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc-1

OMEGA V系のパッケージはTOUR以外のものは明るいカラーリングの物が多いです このTOURのみが黒系のシックなカラーリングとなっています キラキラとしたパッケージはXIOMの特徴ですね 尚、DF版では写真左下にある「HYPER ELASTO」ではなく「DYNAMIC FRICTION」に名称変更されています 採用されている技術の違いがわかるようになっています

%e3%82%aa%e3%83%a1%e3%82%acv%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc-4  %e3%82%aa%e3%83%a1%e3%82%acv%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc-2

ラバーの質感はツヤのあるタイプではなく若干マットな質感です OMEGA V TOURのシートは硬めでスポンジ硬度は「47.5°」と硬めになっていますが、OMEGA Vシリーズでは「50.0°」のASIAがある為、位置付けとしては「やや硬め」となっています ですが打球感は硬さがあり、特にシートに食い込ませるには力が必要ですね 軽い打球では食い込む前にボールが飛び出していく様な打球感をしています

シートの引っ掛かりは非常に良く、ボールを「噛む」という様な表現ですかね 強い打球で打球すると、硬いシートにガツッと引っ掛かりを感じる事が出来ます この引っ掛かりの後にボールがグッと上に上がります 擦る打ち方ではなく、強い打球で引っ掛ける事で回転をかけるタイプのラバーです なので軽い打球の場合はシートと硬いスポンジが弾き出してしまい、回転をかける前に飛んでいってしまいますね DF版ではシートが大幅に改良されて、回転がかけやすくなっており、打球感も同じ47.5°のスポンジを採用している割には打球感がソフトになっていますが、ハードヒッター仕様ではなくなっていますね 球威の面でも回転のかけ易さを犠牲にした印象のラバーになっています

同社のフラグシップに位置づけられているラバーも第五世代まで続き、Ⅳからは大幅に回転量を増加していましたが、更にボールの威力と回転量がアップしているラバーです シート・スポンジ共にハードな為、回転をかけるには強い力を必要としますが、ボールの威力とグリップ力は非常に良く、パワーヒッター用のラバーらしいスペックをしています 弾性と威力が最大の魅力ですが、ボールの滑りが皆無なのも特徴ですね 下がった位置からでも打ち負けない強さのあるラバーです ネックなのはパワーヒッター仕様であるが故の硬さや重量ですね 台上やサーブ等の難しさがある衣装です そしてXIOMのラバーは若干劣化スピードが早めですね かなり弾性が落ちるスピードが早い印象を受けます 扱いは難しいですが球威で圧倒できるスペックを有するラバーとなっています