用具検証 「アクアブレードα」 × 「rhyzm-P」

板厚を薄くし、表ソフトと裏ソフトを組み合わせた時のバランスを調整したシェークバージョン「アクアブレードα」と価格を抑えたシリーズとして登場したドイツテンションラバー「rhyzm」をベースに、プラスチックボール用ラバーとして調整した「rhyzm-P」の組合せ を検証・数値化

 

打球感 5.5

アクアブレードαはペンと比較すると板厚が薄くなっている分(6.5mm)裏ソフトとのバランスがとりやすくなっていますが、弾きの良さは健在でラバーを選ぶタイプのラケットです ですがこの「rhyzm-P」ではスポンジ硬度が「45°」と中間的なスポンジ硬度である事やハードなシートであった従来のrhyzmと比較すると、ソフトになっている為、組み合わせた打球感としてはそれ程硬すぎない打球感とする事に成功しています 弾きの良さ割に響きは少なく、飛ばしやすい印象です ラバーの食い込みとラケットの弾きのバランスが良い組合せとなってますね

弾性 6~6.5

アクアブレードαの弾きの良さから来る直線的な弾道とrhyzm-Pの食い込みの良さとグリップ力の高さで弧線が作りやすくなっている為、前に飛ぶ力と上に飛ぶ力のバランスが取れている組合せですね 際立った反発力ではなく、弾みは良さとコントロール性の良さが両立している印象です ラバー自体は強い打球ではしっかりと食い込みますが、ラケットが弾き出してくれるので、掴み過ぎる という事は無いですね スピード性能と使い易さが特徴の組合せとなってます

球持ち 5.5~6

ラバーが軽く食い込んで飛ばすので、球離れの早さは際立ったものではないですが、アクアブレードαの特徴である「球離れ」が良く出ている印象です なので少しだけ飛び出しの速さがありますが、当てただけで棒球になるような極端な球離れではないですね ラバーの硬度が若干ソフトな事で、弾きのよさをコントロール出来る組合せとなりましたね

総評 9

アクアブレードαの特徴である「球離れ」とrhyzm-Pのややソフトな硬度で食い込ませやすくなっている事が非常に良く、バランスのとれた組合せになっています 軟らかめのラバーではハードヒット系はやりづらくなりますが、ラケットの弾きが良い事と食い込みすぎない硬さのラバーの組合せで、ハードヒット時にも適度に掴んで弾き飛ばせる様になっています ドライブの際の弾道も極端な弧線や直線になり過ぎないですね 印象としてはややラケットの弾きの影響で前に出る為やや直線的ですが、弧線は作りやすく、球離れが早すぎて使いづらい というのは無いです また、ドイツテンションのハイクラスのラバーとしては軽量なのも大きいですね 総重量を抑える事が可能になっています ラケットの特性が強く出る組合せですが、ラバーが少しソフトなので使いやすく、ドライブ・ハードヒット系どちらの技術も行いやすくなってますね ラケットの強い個性をラバーが上手く抑え込んでいます

アリ? ナシ ? 実験者感想

これは個人的には非常にお勧めですね アクアブレード系のラケットは裏ソフトをかなり選ぶ傾向にあるので、あわせるラバーが難しいんですが、rhyzm-Pは打球時に食い込みはあるものの、FX系等のソフトスポンジタイプのラバーとは違い、適度な硬さがある事が魅力です ハードヒット・ドライブどちらもこなせる点が非常に魅力なく見合わせでした 特にハードヒットした時に潰れすぎないのは良かったですね ややラケットの個性が強い組合せですが、ラバーの硬度が抑えてある事が非常に良い方へ作用しています 威力と使い易さの両立を達成していますね