内蔵已打底に仕様変更 スピード性能が特徴の省仕様
「729 BATTLEⅡ 省」 38°

中国ラバーメーカーとしては質感が良く、傾向としてソフトで使いやすいラバーの多い「729(フレンドシップ)」ですが、省グレードクラスとなると、硬質で球離れの良いラバーが多い傾向になります 「BATTLEⅡ」もスペック的には同様ですが、若干ソフトで使い易さや回転性能を極力維持しているラバーに仕上がっています

今回も

「卓球中国ラバー専門店MASAKI」

様よりご提供いただきました いつもありがとうございます~~~~ ヽ( ´¬`)ノ

%e3%83%90%e3%83%88%e3%83%ab%e2%85%a1%e3%80%80%e7%9c%81-4  %e3%83%90%e3%83%88%e3%83%ab%e2%85%a1%e3%80%80%e7%9c%81-3

パッケージは非常にシンプルです グレーのパッケージに文字が書かれているのみですね 真空パッケージ仕様となってます 729の国・省ラバーは基本的に紅双喜の様な見た目で分かる仕様ではなく(国・四角 省・六角等)大体四角形ですね

%e3%83%90%e3%83%88%e3%83%ab%e2%85%a1%e3%80%80%e7%9c%81-1  %e3%83%90%e3%83%88%e3%83%ab%e2%85%a1%e3%80%80%e7%9c%81-2

ラバーの質感は非常に良く、粘着が均一でムラが無いですね 元々、市販用のラバーの品質も中国ラバーとしては良好ですが、グレードが上がるとかなり品質面は向上します 品質面に関してはかなり安定しているメーカーです 厚さは「2.1mm」 硬度は「38°」となってます 同社の物で省グレードのラバーに多かった硬度の最もソフトなものでも45°前後でしたから、数値上はかなり軟らかくしています が、打球感自体は軟らかすぎず、軽く食い込んでから飛び出していくタイプのラバーです 球離れはやや早めですね 中国ラバー特有の弾みの不均一な部分は皆無で「安定して飛ばせるラバー」というのが第一印象で、クセの少ない打球感で違和感は感じないですね 中国ラバーの高価格帯のラバーの中でも特に打ちやすく・綺麗な弾み方をするラバーですね

已打底の内蔵タイプの効果は素晴らしく、貼った直後から高い弾性を確認する事が出来ます 馴染んでくると更に食い込みと弾性が出てくる為、粘着ラバーとしては非常に優れた弾性を有しながらも、使いやすい軟らかさとなってきます 粘着ラバー屈指のスピード性能と飛距離の良さが特徴で、若干下がった位置からでも球威のあるボールを打つ事が可能になってます 粘着ラバーの摩擦力も良好で、プラスチックボールでもしっかりと擦って回転をかける事が出来る様になってます 流石に回転量は省狂(NEO含)の方が優れている印象ですが、スピード性能と使い易さはBATTLEⅡ省の方が優れていますね

球離れが早く、初速の速さや直線気味の弾道等、スピード重視のラバーではありますが、回転性能は良好で粘着特有の擦れるラバーでもあります スピード寄りのラバーになり過ぎず、回転性能を維持している点には驚きです 弧線が出しづらいラバーでは無いですね  極端な直線・弧線ではなく、バランスが良いタイプ です 大きな放物線を描く程ではないですが、ループ系とスピード系を打ち分けやすいラバー といった印象です

省グレードのラバー屈指のスピード性能を有しながら、スポンジの食い込みが良く、球離れの早さの割に軽く食い込み、コントロールしやすくなっていますね 内蔵タイプの已打底の効果は非常に大きく、かなりの性能向上に一役買っています 若干ソフトなスポンジと已打底の相性はかなり良いですが、ネックとなるのは重量ですね これはかなり重量が増加している印象です ラバーが重くなる為、総重量に気を使う必要が出てきます スペックに関しては非常に素晴らしい物に仕上がっており、流石は省グレードに相当するラバーですね