用具検証「INNERFORCE ZLC」×
「コクタク×フレンドシップ 563-1鬼釜ラージ」

中国メーカーとしては珍しいラージボール用ラバー「563-1 鬼釜ラージ」と高い弾性とソフトなフィーリングを持つ、インナー仕様の特殊素材ラケット「INNERFORCE ZLC」の組合せを検証・数値化

 

打球感 3.5~4 ※ラージボール換算

コクタクから販売されているフレンドシップラバーに硬度表記は無く、また硬度がカタログ等に掲載されていないですが、「超軟質スポンジを採用」という通り、軽量で食い込みが容易なスポンジが使用されています 触った印象としてはラージボール用の硬度としては平均的な25°程度ですね 中国系の表ソフトとしては軟らかい物が多いフレンドシップですが、ラージ用という事で更にグニャリとボールが食い込む打球感となってます ここにインナー系のラケットを合わせている為、弾いた際の掴みが強い印象ですね 硬式のフレンドシップ系の表ソフトに更に軟らかさがプラスされたような打球感をしています

弾性 4.5 ※ラージボール換算

ベースのラバーが変化系表なので、際立った弾性は有していないラバーです インナー系とはいえ、高い弾性を有するラケットと組み合わせた弾性としてはおとなしい印象を受けます 特に食い込んだ後の反発力は厚さの割は控えめです(MAXを使用) 飛距離もそれ程出ないですね ラバーのスペック上、妥当な印象ですが、ラージボール用としては強い打球が打ちづらい組合せとなってます もう少し硬さと高い反発力を有するラケットの方が弾きやすいですね 印象的なのはドライブの打ち易さですかね 粒が高めの変化系に位置するラバーとしては擦った際の滑りはそれ程無い印象でした

球持ち 3.5

ボールの掴みが特徴のラケットとメーカーの説明通り「超軟質スポンジ」との組合せは相当ボールを持つ組合せ という印象ですね フレンドシップの表ソフトの印象をそのままラージに持ってきています 打球時に強く食い込み、控えめな反発をするので、コントロールしやすいタイプですね 硬式の563系が更にボールを掴むようになった印象です(硬式の563は35~38度の物が多い)

総評 4

打球感や球持ちに中国ラバーらしさは無いですね クセは少なめです ボールの止まり方はスポンジの軟らかさと弾性の影響が大きく、かなり良く止まりますが、クセ球はそれ程強い物が出る印象は無いですね ナックルとボールの止まり方に特徴がありますが、もう少し球質のクセで「中国ラバーらしさ」が欲しい所です 組合せの相性としてはそれ程良い という印象ではなく、もう少し球離れと硬さがある方がこのラバーには適している印象でしたね 攻撃力を上げる場合はラケットを変更する方が良いですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

うーん これはこの組合せに限っていうと、個人的には「ナシ」ですかねえ フォアで使うなら、板厚を厚くして硬い打球感のラケットを使います ドライブが結構打ちやすいですが、掴みが強すぎですね 後は変化性能がそれ程無い点も「らしさ」が感じられませんでした もう少しクセのある球が欲しかったですね ラージボール用としては実売価格もそれ程高額ではない点は良いですね 硬式でフレンドシップの表ソフトを使用していて、移行してくると、違和感は少なくシフトは出来ます ラケットで反発力を稼ぐ事を想定して組み合わせると良いですね