用具検証 「Rapid Carbon light」 × 「スペクトルレッド」 厚 

上板をアユース材に変更した軽量カーボンラケット「Rapid Carbon light」とスピード系表ソフトを代表する一枚である「スペクトル」にややソフトなスポンジを採用したソフトスポンジバージョンのスピード系テンション表として登場した「スペクトルレッド」の組合せを検証・数値化

 

打球感 5.5~6

スペクトルレッドがそれ程硬さの無いラバーなのですが、カーボンラケットと組み合わせた打球感としては「やや硬め」といった打球感です ボールは極めて直線的で、カーボン+スピード系表を組み合わせるとこうなる という、典型の様な弾道をしていますが、Rapid Carbon lightの特性として「響きが少なく、硬すぎない」という強みがあるので、ガチガチで当てるだけで飛んでいく という打球感は緩和されています(全く無い訳ではない) 特殊素材系の硬質な打球感を少しでも抑えたい場合には良いですが、軽く当てるだけでボールが飛び出していくので、コンパクトなスイングで打球するピッチ重視の組合せですね

弾性 6

今回、ラバーは厚を使用していますが、弾性は非常に良く、ラケットの弾性もあって非常に良く弾む組合せとなってます ただし、球質はかなり軽くなってしまっていますね 弾道は直線的でシャープですが、威力で押すには力不足な印象を受けます スピード系テンション+カーボンラケット(インナー)ですが、初速が速く、スピードを稼ぎやすい点がこの組合せの良さですね 総重量を抑えることが出来るので、前陣での早い打点で打球のしやすい組合せです かなり飛び出しが早くなるので、難しくなるのが「ドライブ」や「サーブ」等の技術ですね 厚としてはかなり飛ぶ印象です

球持ち 7~7.5

打球感は軽いタッチで飛び出していく程の球離れをしており、軽快な打球が可能ですが、直線的な弾道が極めて強い為にコントロールのしづらさがある印象ですね 厚を使用しているので主にバックでのブロックに威力を求める という意図の下、検証していますが、かなりの球離れと飛距離の関係で、ブロック・台上等の技術がやり辛くなっています かなりクセのある組合せとなっていますね

総評 5

軽い打球でスピードが稼げる為、力が無くても速いボールが打てる組合せですね 前陣で打ち続けるプレースタイル向けの組合せです バックでボールを止める・変化をつける というプレースタイルには弾みが強すぎるので難しいです 厚でもかなりのスピードが期待できます 非常に直線的な弾道をするので、コントロールが難しいですが軽量なので取り回しが良い印象です ただ、自分で打っている感覚に乏しく、当てるだけでも飛んでいってしまう打球感は好みが分かれる所です 攻撃偏重の組合せですが威力は軽く、強打で押し込む というタイプではないです コスト面に関してはラケット・ラバー共に比較的安価ですが、組合せとしてはカーボン+スピード系表ソフトらしい組合せ といった印象でした Rapid Carbon lightが若干打球感をソフトにしている点が違いですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

うーん フォア用としてならちょっとだけ「アリ」ですが、バック用は「ナシ」ですね バックでは球離れが早過ぎる上に飛距離まで出てしまうので、コントロールがやり辛い印象でした カーボンラケットとしては使いやすいんですが、バックでは個人的には難しかったですね フォアでは軽い打球でもシャープなスピードボールが打てるので、ピッチでの打球のし易さが印象的でした スピードが出しやすいです 球質が軽いので、連打重視ですね