用具検証 「Rapid Carbon light」 × 「ファスタークG-1」 

上板をアユース材に変更した軽量カーボンラケット「Rapid Carbon light」と数多くのトップ選手使用実績を持つ、ドイツテンションラバー「ファスタークG-1」の組合せを検証・数値化

 

打球感 6~6.5

カーボンラケット特有の硬く・直線的な飛び方をするラケットですが「響き」が非常に少ない事やインナー系の仕様、更には柔らかめの木材の使用等があり、打球感が硬すぎない点がRapid Carbon lightの特徴です その為、カーボンラケットしてはガチガチではなく、球離れのかなり早い特殊素材ラケット といった印象です ここに硬めのラバーである「ファスタークG-1」を組み合わせると、打球感は硬くなりますが、一般的なカーボンラケットと比較すると硬さが軽減されている印象です ボールの飛び出しが早いので、軽い打球で飛び出して行き、回転をかけるには難しい組合せとなっていますが、初速が速く、スピード重視の組合せです

弾性 6.5

弾道は前述している通り、カーボンの特性が濃く出る組合せで、非常に直線的な弾道になる組合せですね スピード性能に関しては非常に高い組合せとなってます コンパクトなスイングでスピードが出せるので、軽快に打球出来る組合せですが、回転をかけるには確実にラバーを掴むスイングスピードが必要です 非常に直線的なドライブになるので、弾道に違いが出せますが、インナー仕様のラケットとしてはかなり弾くタイプのラケットなので、インナー仕様の特徴である「掴み」を重視するタイプのラケットではないです とはいえ、ガチガチになりすぎずにカーボンの特性を残しているので、カーボンの飛び方に使い易さがプラスされた組合せと言えます 弧線は出しづらい組合せなので、ファスタークシリーズであれば「P-1」やややソフトな「C-1」の方が打球感のバランスも取れる印象ですね

球持ち 6.5

これはこのラケットなので多少軽減されている印象ですが、一般的なカーボンラケットであれば、響きも強くなりますし、かなり影響が出る組合せですね 響きが抑えられている点でかなり救われている組合せです シートの引っ掛かりが良いラバーですが、球離れが早く、スポンジもトップ仕様の硬めなタイプなので、ボールを持たせるには難しさのある組合せとなってますね

総評 4

カーボンラケットの特徴を残しつつ、使い易さがアップしているラケットですが、ファスタークG-1との相性は少し硬さが目立つ組合せですね 直線的な弾道とスピードを追求する組合せですが、軽~中打の様な繋ぎのボールが弾きすぎてしまうので、細かな面での操作性がネックです グッドな点としては、バルサ材を使用したインナーカーボンラケットとしては球質が軽くなり過ぎない点やバルサの特性である「軽さ」で、総重量が抑えられる点ですね 特に球質の部分は非常に大きいです 弾きが強すぎるので回転をかける事が難しくなっていますが、カーボンラケット全体としてみると響きは少なく、ガチガチとしていない打球感はこのラケットの魅力ですね 弧線弾道は非常に出しづらい組合せなので、同系統のラバーであれば「ファスタークC-1」または「ファスタークP-1」の様なラバーに変更するとバランスが取れてくる印象です あまり万人受けしない組合せですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

これは難しい組合せでしたね ボールのスピードは出ますが、回転をかける事が難しく、ファスタークG-1の「fast」の部分しか活かせませんでした 個人的には避ける組合せです ファスタークを使うのであれば「P-1」の方が弧線がかなり出るタイプのラバーですので、P-1にします 響きが少なく軽いラケットで、カーボンラケットとしては魅力なんですけどね ファスタークG-1との相性は個人的には「う~ん」な印象でした