用具検証
「J・SPEED90」 角型 ×  「CALIBRA TOUR M」

加工単板の反転式バージョンとしては最高峰に位置する「J・SPEED90」(J・スピード90反転式)の角型板と

特徴的なトップシート「マット加工」と独自のスポンジ技術「APSテクノロジーを」搭載した個性的なラバー CALBRA(キャリブラ)TOURシリーズの中間硬度のスポンジを搭載した「CALIBRA TOUR M(キャリブラツアーM)」の組合せを検証・数値化

 

打球感 4.5~5

ラバーの反発力や球離れが特徴ですが、スポンジは硬すぎずに適度な食い込みがある印象です このラバーに単板を組み合わせると、ソフトながらも飛び出しの良い打球感となってますね 軽く食い込んだ後に直線気味の弾道で飛んでいきます 少し強めの打球でも食い込んでくれる為、弾きの良さの割にはコントロールしやすい打球感ですね 響きは皆無で打球音が良く、非常に打っていて気持ちの良い組合せとなってます

弾性 6

ラバー自体の反発力は良好でラケットの弾性も非常に良いので、組合せた際の弾性や飛距離に関しては非常に良好ですね 直線的で鋭い弾道になるので、同社のエアロックやキャリブラLTの様な弧線弾道とは全く異なるタイプのラバーです この特性の効果でかなり独特な弾道をしており、取りづらいボールになりますね 中間硬度や軟らかめの硬度にありがちな「飛距離不足」がこのラバーには無く、下がった位置からでもスピードボールが打てる組合せです 瞬間的にボールを掴む硬度なので、飛びすぎてコントロールしづらい という程ではないですね

球持ち 5

軽めの打球では球離れの良さがあり、軽快に飛ばせるラバーですが、中打~強打時にはしっかり掴んで飛び出していくので、軟らかすぎず、硬すぎない硬さですね ラケットが単板特有のフィーリングなので、ボールを持つフィーリングを体感しやすい組合せです 反発の良さの割に打ちやすい組合せですね

総評 7

中間硬度のラバーとしては威力が出せるラバーでラケットの弾性が更に威力アップを実現している組合せですね 印象としてはラバーの個性が強く、所謂「テンション」的な打球感で軽く食い込み、飛んでいく打球感をしていますが、独特の弾道や球質を持っている為、魅力のあるラバーとなっています ここに反発力の非常に優れた加工単板ラケットと合わせているので、弾性は高いですね 球威を上げる場合にはハードスポンジバージョンの「CALIBRA TOUR H」になりますが、中間硬度のこのラバーでも十分に威力が出る印象です 飛距離のよさが印象的で、やや下がった位置からの方がボールを収めやすいですね 前陣では球離れと弾道の関係で距離の修正が必要になってきます ラバーに関しては軽量である事やコスト面も良好ですね ラケットややや入手が難しい点がネックですが、単板の反転式は日本国内では現在市販されているのはこの「J・SPEED 90」と「J・SPEED 15」のみ(双は除く)なので、貴重です 後はラバーの特性上、打ち方を選ぶので好みが分かれる という所ですかね ですが総合的には威力が出しやすい割に使いやすい組合せです

アリ? ナシ ? 実験者感想

これは個人的に最初は「ナシ」だったんですが、打ち方を変えた事で「アリ」かなあ という感じですね 見た目や質感で驚くラバーですが、ハードヒットして食い込ませるとメーカーの説明文にもある通り回転がかかります 薄く、擦るような打ち方には適さないですね 強い打球で食い込ませるとラバーがグリップします 滑りが無いので、強い打球でボールを持たせる事が可能ですね なかなかクセのあるボールで伸びてくるので「キャリブラ」というシリーズの中では個性派です 単板との相性はかなり良いですね 打球感や打球音に威力もプラスされた組合せ といった印象でしたね