球離れが良くハードヒッター向け
「STIGA CALIBRA LT PLUS」

スウェーデン製ラケットで知られているSTIGAのラバー「CALIBRA」シリーズのハードスポンジバージョン「CALIBRA LT PLUS」です 他のCALIBRA LTシリーズと比較して球離れが早く、パワーヒッター向けのラバーに仕上がっています

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%83%96%e3%83%a9lt%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9-1   %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%83%96%e3%83%a9lt%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9-2

パッケージデザインはCALIBRA LTシリーズ共通なので、カラーリングで判別していきます CALIBRA LT PLUSは赤茶系のカラーリングです 硬めのラバーしては軽量で、重量の面でアドバンテージがあります 基本的にSTIGAのラバーは日本製です

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%83%96%e3%83%a9lt%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9-3  %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%83%96%e3%83%a9lt%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9-4

後発の「CALIBRA LT TOUR」程マットなシートではないですが、質感的にはそれ程ツヤがあるタイプではないですね 印象としては高弾性っぽさがあります CALIBRA LT PLUSに関しては打球感がかなり高弾性に似ており、硬めの高弾性ラバーの打球感で弾みを引き上げた様な打球感ですね 球離れが早く、ラバーの弾きが特徴的です

ハードな打球感で弾きが良くなった為、シリーズ中としてはラバーの特徴である「弧線」を作るにはパワーが必要になった印象です 軽く擦るとシートで引っ掛かる前にスポンジが弾いてしまい、回転を十分にかけきる事が難しくなっていますね シートのグリップとスポンジの弾きを活かすにはパワーを使ってしっかりと食い込ませて、回転をかけるタイプのラバーです CALIBRA LTシリーズはラバーが軽量で掴みが良く、回転のかけやすいラバーでしたが、CALIBRA LT PLUSに限っては万能タイプのラバーではないですね 威力のあるボールが出せる代わりにハードヒッター仕様となっています

特徴的なのはシリーズ共通の「弧線弾道」がハードで弾きの良いタイプとなった事で前に飛ぶ様になっており、弧線を作るには前述した通り食い込ませるパワーが必要です 大きな利点としてはスマッシュが打ちやすくなっていますね  弾性は良好なので下がった位置からでも威力のあるドライブを打てる飛距離・スピード性能を十分に有している印象です ラバーの特性上、前陣で使うにはラバーの硬さと弾きの関係で回転をかける事が難しいですが、少し下がった位置からドライブを打ち合う様な展開に強く、、対ラリーに対して強みを持つラバーです ネックなのは弾きの強さがある為、台上やサーブ等の細かな操作でもラバーが弾いてしまう事ですね

弧線の作り易さや万能性ではCALIBRA LTですが、より威力のあるボールを求める場合はCALIBRA LT PLUSです 同じ「CALIBRA LT」ですが、かなりハードに仕上がっている為、回転をかけるには食い込ませるのは容易ではないですね CALIBRA LT PLUSの特徴としては弾道ですか 低い弧線で鋭い弾道で飛んでいくので、とりづらい弾道になっています プレースタイルとしては前陣で打っていく というよりは少し下がった位置でドライブを打っていくプレースタイル向けですね スマッシュが打ちやすいラバーでもあるので、スマッシュを多用するスタイル向けでもあります 特に高弾性でスマッシュを使うスタイルで弾性不足を補う場合には良いラバーという印象です 台上等での操作性が弾きが強いラバーなので難しさはありますが、攻撃面に関しては優秀なラバーですね ハードスポンジタイプとしては比較的軽量なのもグッドです シリーズ中では最も攻撃に特化したラバーに滋賀っていますね