用具検証
「ALLIGATOR anti」 1.5 × 「YANAGI5ロータリー」 角丸型

スーパーハードタイプのアンチラバー「ALLIGATOR anti(アリゲーターアンチ)」と総柳5合板で板厚が厚め反転式ラケット「ヤナギ5ロータリー」の組合せを検証・数値化

 

打球感 7.5

メーカーの説明にある通り「鉄板の様な」と形容される硬さですので、打球感は非常にハードとなっています ALLIGATOR antiの良い点としてはHALLMARKやDr.Neubauerに代表的なアンチと比較すると滑りが少なく弾みが均一で、クセが少ない打球感をしています クセ球では差が出てしまいますが、打球時には飛び、ブロック時には止まる とハードタイプのアンチラバーとしては打球しやすい点が大きいですね 総柳5枚合板のラケットに合わせることでかなり打球感のバランスは取れている組み合わせです

弾性 2~2.5

この手のラバーとしては意外にも弾む印象ですね ラケット自体も柳系としては弾性は悪くないので、組み合わせるとなかなか良好な弾みが確保できる印象です 1.5mmと中~薄程度の厚さですが、滑らずに打てるので、ここがハードタイプのアンチの中では飛ばしやすい所ですね 真下に落ちる様な強烈なすべり等はこのラバーでは抑えてある為、強いボールを受ける際には確実にボールの勢いを抑える事が可能です 確実に止めて、確実に飛ばせる組み合わせですね 角度にシビアになり過ぎずに済みます

球持ち 5

かなりハードなスポンジなので、食い込みは無く、反発もしないですね 打球するとスーッとボールが飛んでいってくれますが、不規則性が少なく、飛ばしやすい というラバーです スポンジに食い込まないので「球持ち」というのは無いですが、球離れが早いという訳でもないですね ハードタイプですが、響きが少なく滑らず飛ばせる ですか 球持ちを表現するには硬すぎるスポンジですかね 打球後の球離れはそれ程早くないですね 数値化は難しいですね

総評 7

ハードタイプのアンチと総柳5枚合板の相性は良く、硬いアンチでの打球時の響き等は感じないですね また、弾性がアンチ+柳系の守備的なラケットとしては良好なので、攻撃的なボールが出しやすいのも特徴です ブロック時のボールの止まり方も良いので、攻守のバランスには優れますね 激しい滑りが無いので打球しやすい組み合わせとなってます シートやスポンジが掴んで上に飛ぶ というような事が無いので、常にラケットの面を出しながら打球する必要はありますが、すべりの強いアンチと比較するとツッツキ等でボールを浮かせにくくなる点が良いですね 変化幅に物足りなさは残るものの、攻撃的なボールの打ちやすさやブロック時に確実にボールが止まってくれる点等が魅力です

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的には裏面で使うと角度が難しかったですね ハードタイプは少し角度が寝すぎると打球時に下に落ちてしまうので、裏面で打球するには面の出し方で慣れる必要がありました ガッチリとしたタイプの中では使いやすく、短く返球できるので、レシーブや対ドライブのブロックで活躍します ずば抜けた変化幅等を有している訳ではないですが、確実性のある実践的で組み合わせですね  個性的で面白い組み合わせでした