用具検証
「J・SPEED90」 丸型 ×  「スペクトルブルー」

加工単板の反転式バージョンとしては最高峰に位置する「J・SPEED90」(J・スピード90反転式)の丸型板と

表ソフトを代表する一枚である「スペクトル」に硬質な青いテンションスポンジを採用し、スピード系テンションとして登場した「スペクトルブルー」の組合せを検証・数値化

 

打球感 5

ハードタイプであるスペクトルブルーのスポンジと合わせる場合はラケットを選ぶ印象ですが、単版の特徴である打球感の影響で程よい硬さの打球感となってます また、打球時の「響き」が皆無です 単版に表ソフトという組み合わせは一般的ではないですが、硬めで反発力・球離れの良いラバーには打球感のバランスが良くなる印象ですね スペクトルブルーが打ちやすくなります

弾性 6.5

弾道はスピード系表ソフトらしく、直線的でシャープな弾道 弾性についても非常に良いですね 後述しますが、やや打球時にボールを持ちます ですが球離れの早いラバーでもあるので、ドイツテンション表の様なソフトで反発する表ソフトと比較すると弾きやすい組み合わせです ドイツテンション系の場合は打ち方を変える必要がありましたが、この組み合わせでは大幅に打ち方を変える必要は無いですね 弾いて飛ばせる硬さと反発力がラバーにあります

球持ち 4.5~5

表ソフトに好まれる合板系のラケットと合わせると、かなりハードな打球感となり好みが分かれるラバーでしたが、J・SPEED90 丸型と組み合わせた場合は硬くなりすぎず、単版の球持ちが強く出過ぎないので、弾きやすさと球持ちのバランスが良好ですね 強い打球の際にはしっかりと弾け、ブロックや台上での細かな操作時には反発しすぎずにコントロールしやすい印象です ラバーはハードですが、僅かに打球時に球持ちを感じられる組み合わせですね これはラケットの影響が大きいです

総評 7.5

ハードタイプのラバーなので、ラケットをややソフトにする事でバランスをとるケースは多いですが、単版との合わせるケースはかなり少ないですね 表ソフトで弾性を求めるとドイツテンション系を選択するケースがどうしても多くなりますが、単版との組み合わせでは総じて軟らかすぎる打球感となる事が多く、打ち方を変える必要がある為、積極的に打っていくプレースタイルには適さない組み合わせとなるケースが殆どでした 今回の場合はスペクトルブルーのスポンジの硬さとJ・SPEED90 丸型の打球感のバランスが取れた事で、弾き易くなっている点が非常に大きいですね 打球時に僅かですが球持ちがあり、ラバーが弾き出してくれるので、打球時に違和感は皆無となっています 単版と表ソフトの組み合わせは非常に少ないケースですが、この組み合わせは非常に良いですね ラバーのコストパフォーマンスも良いので、継続使用しやすいのもグッドです ラバーの特性をラケットがうまくコントロールしてくれる組み合わせですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

打球感・スピード・コントロール これらのバランスが良いので、個人的には「アリ」な組み合わせですね 特に打球感は非常に良かったです スピード性能もラバー・ラケット共に良好ですが、飛びすぎるという事は無く、打球時の僅かな球持ちの影響で扱いやすいですね ラバーの硬さを抑えられることに成功しているので、打球時に響きが気にならない組合せです ドイツテンション表 × 単版の場合は強打すると食い込みが強すぎて飛ばしづらいですが、硬さのあるスペクトルブルーは強い打球時にもラバーが潰れずに弾けるので、ここが良かったですね 単版と表ソフト という組み合わせはかなり少ないですが、組み合わせとしてはかなり好印象でしたね