用具検証 「トリニティカーボン」 × 「モリストSP」 厚

バルサ×カーボンの組み合わせの軽量で反発の良い「トリニティカーボン」と多くのトップ選手使用実績を持つ、ドイツテンション表のロングセラー「モリストSP」の組合せを検証・数値化

 

打球感 4

トリニティカーボンはカーボンラケットながら硬さはそれ程無いので、打球感はそれ程硬くならない印象です 響きや反発も同様にカーボンラケットとしては控え目なスペックとなっている為、使いやすい組み合わせとなってます ただ相性としてはやはりもう少し球離れが早い方が表ソフトを使う場合は良いですね 打球時の球離れがカーボンラケットにしては弱いので、強く弾く時等に物足りなさがある印象です モリストSPで使用する場合に関してはトリニティカーボンでは厚以上の方が飛ばしやすいですね

弾性 4.5

ラケットの反発力が際立って高い物ではない事やドイツテンション系の表ソフトとしてはバランスタイプで比較的弾性は抑えてあるタイプのモリストSPの組み合わせは厚さが「厚」という事もあり、控え目な印象ですね 食い込んだ後に「飛んで欲しい所」で飛距離が出ない というケースが多く見られました 飛距離は厳しいですね トータルバランスが良い表ソフトですが、トリニティカーボンで使用する場合は厚い方が良いですね

球持ち 4

ラケットがそれ程硬くない事やラバーが軟らかめの表ソフトという事で球持ちはかなり良いですね 掴んで飛ばすタイプになっているので、使いやすいですが「表ソフトらしさ」は打球時の感覚では違和感がある印象です ドイツテンションの弾性を活かした直線的でシャープな弾道とはならず、ボールを掴んで飛ぶので、コントロールを重視する組み合わせです ただ、モリストSPが「厚」なので、飛距離の面で厳しい所がありますね

総評 4

非常に使いやすい組み合わせで安定性の高さが特徴ですが、トリニティカーボンとの相性は「うーん」な印象ですね 特にボールの「掴み」が長いので、強い打球のやり辛さが気になる所です また、ブロック等のボールを抑えた時の「飛距離」ですね 飛距離がかなり短い印象で、少し下げられる展開になると飛ばす事がネックとなります 表ソフトらしさを取ると厳しい組み合わせですね ドイツテンション × カーボンラケットとしては弾みが控え目で軟らかい打球感なので、操作性は良いです バランスは悪くないですが、弾性不足・飛距離不足がかなり目立つので、ラバーの厚さを上げた方が良い印象でしたね

アリ? ナシ ? 実験者感想

厚だと全てにおいて物足りないので「ナシ」ですね トリニティカーボンがカーボンラケットとしてはかなり弾みが控え目でカーボンらしい弾きは弱いので、ラバーを厚くしないと弾性やスピードの底上げが厳しいですね 操作性は非常によい組み合わせではあるんですが、全体的に弾性がドイツテンション表 × カーボンラケットとしては不足している点が辛いですね 中でもブロックで距離が出ない点が特にやりづらかったです 個人的には使用を避ける組み合わせですが、ラケットが非常に軽量で表ソフトで更に重量を抑える事が可能になるので、超軽量を活かして前陣での連打を追及するスタイルにはアリな組み合わせともいえますね