用具検証 「ブライスハイスピード」 × 「トリニティカーボン」

突出したスピード性能を有するスピードタイプのテンションラバー「ブライスハイスピード」とバルサ×カーボンの組み合わせの軽量で反発の良い「トリニティカーボン」の組合せを検証・数値化

 

打球感 4~4.5

トリニティカーボンのメーカー表記では「ハード」となっていますが、実際にはそこまでのハードさは感じられないですね カーボンっぽさが少ないラケットなので、カーボン特有の響きや硬さが強くない所が強みです ラバーも同様で球離れが反発力と球離れは早いですが、瞬間的に食い込みがあるので、組み合わせとしてはハードすぎずに打ちやすい硬さの打球感をしています ラバーのスペックが非常にスピード寄りで直線的な弾道なので、若干ソフトで食い込みが多少ある方が良いですね

弾性 6.5~7

これはラバーのスペックによる影響が顕著です ブライスハイスピードのスピード性能は突出しているので、大幅に弾性を引き上げている要因ですね トリニティカーボンはメーカー表記では「ファースト」となっていますが、他者の同程度の用具と比較をするとそこまでの弾性は有していない印象です これが他社のファーストクラスの弾性のラケットの場合だと「8」前後は少なくとありますね カーボン系に多い、棒球にはならない組合せですが、前に飛ぶ力がブライスハイスピードは際立っているので、ドライブの飛距離やコントロールに慣れが必要となります

球持ち 5.5~6

瞬間的に食い込む感じはありますが、球持ちが良い というまでは行かないですかね 食い込んだ後の飛び出し方が非常に早いので、グッと掴むような球持ちではないです カーボン系としては比較的使いやすいラケットなので操作性は比較的良い方ですね これが一般的なカーボンラケットだと、更に球離れが早く硬質で棒球になる印象です

総評 7

ラバーのスピード性能がかなり突出しているので、スピードに関してはラバーによる所が大きいですが、トリニティカーボンも弾性は良好なので、飛距離やスピードに関しては全く問題ない組み合わせですね 一般的なカーボンラケットと比較して軽量で使いやすいので、ブライスハイスピードの様なラバーとも組み合わせるとスピード性能を維持しつつ、取り回しが良くなる印象です 弧線を作って安定したボールをうっていく様なタイプのラバーではないので、扱いが難しいですが、打ち抜けるスピードと取りづらい弾道は魅力ですね 前陣で使う場合、距離感の修正が必要です ラバーのコストは若干高額ですが、ラケットが特殊素材系としては安価で使いやすいタイプなので、トータルのコストパフォーマンスはかなり良いですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的にはこれは「アリ」ですが、トリニティカーボンは「中国式」が無いんですよねえ 硬すぎず、軟らかすぎずでなかなか使いやすいラケットです ラケットの弾みを抑えて、ブライスハイスピードのスピード性能に依存しても十分にスピードが出るので、前陣で使うなら十分すぎる飛び方ですね 中陣位まで対応できる印象でしたが、中陣からでも一発打ち抜くようなスタイルであれば、ラケットを替えた方が良いです 前陣で早い打点で打てると強力な武器になりますが、このスピード性能をコントロールする為にはやはり使い込んで慣れる事が必要ですね