回転重視のバランスタイプ
「adidas BLAZE SPIN」

既に日本市場からは撤退し、ウェア等は「2017年 12月31日」をもって使用不可となる「adidas」のテンション表「BLAZE SPIN」です 回転のかけやすさの割にナックルが出し易い等、トータルバランスの良い表ソフトでした しかし人気のある表ソフトと比較すると、価格帯で大きく差がついてしまい、スペックが注目される事は無かった印象ですね

BLAZE SPIN (2)  BLAZE SPIN (3)

パッケージはadidasおなじみのデザインです 右上に名前があります 硬度はメーカー表記で「37.5°」で、これは他社のドイツ系表ソフトと同程度の硬度となっています パッケージから出した時の「反り」はなかなか強く、反発力の強そうな印象でしたが、実際に打ってみるとそこまで反発力は強くないラバーですね ドイツテンションとしては比較的おとなしいです

BLAZE SPIN (1)  BLAZE SPIN (4)

スポンジに関しては同社のトップ向けラバーとしてラインナップされていた「TENE ZONE」の様な気泡の粗いタイプではないですね 若干ザラついてはいますが  触った印象としてはかなり軟らかく、グイッと食い込むスポンジです 前述していますが、弾性はドイツテンションとしてはおとなしめで、球持ちが良い印象を受けました 少し硬めのラケットに合わせた方が打球感のバランスが取りやすい軟らかさですね 他社の同硬度の物と比較すると、スピード性能や食い込んだ後の反発力は控え目なラバーです 粒形状は大きめで台形+円柱 間隔は詰まってます そして横目と回転系らしい特徴を持っていますね

表ソフトとしては球離れが遅く、しっかり掴んで飛ばすタイプの表ソフトなので、打球時の食い込みで好みが分かれる印象です スピードは出しやすいですが、ずば抜けたスペックではなく、軽い力でもスピードが出るタイプですね 安定性は高いラバーです 回転性能の高さが特徴で、スピードと回転のバランスは非常に良い印象ですね しっかりと回転のかかる表ソフトです 変化に関しては若干ですが滑りがあり、これが回転系としてはナックルの出しやすさにも繋がっていますね 変化・スピード・回転のバランスが上手くまとまっているラバーです

スペック的には同じくラインナップされていたスピード系の「BLAZE SPEED」よりは万人受けするタイプです 打球感がソフトでドイツ系としては控え目な弾性と軟らかさ 回転のかけやすさや回転重視タイプのラバーとしてはまずまずのナックル性能等、トータルバランス良い表ソフトです 特にシェークバック用としては使い勝手の良い印象でしたね スペック的にはなかなか良いラバーでしたが、他社のラバーと比較すると価格面で大きく後退している事が最大のネックでした 実売価格が大幅に安価で優秀なドイツテンション表が他社から既に登場していたので、食い込むには少々厳しかったです 総合力が高いだけに残念ではありましたね