用具検証 「レーザーカーボン中国」 × 「BLAZE SPIN」

独自の技術「レーザー特殊合板」を用い、カーボンラケットの打球感を非常に軟らかくする事に成功しているカーボンラケット「レーザーカーボン」の中国式バージョンと既に日本市場からは撤退している、巨大スポーツメーカー「adidas」から登場していた回転系ドイツテンション表ソフト「BLAZE SPIN」の組合せを検証・数値化

 

打球感 4

一般的なカーボンラケットの特徴である打球感は全く無く「これはカーボンラケットか?」という様な軟らかさを持つラケットです カーボンの硬さや響きがなく、直線的に飛び出していく様な特性もかなり薄いですね ここに硬度が「37.5°」とドイツ系表ソフトではよく採用されている硬度を持つ、BLAZE SPINと合わせると打球感がかなりソフトになってます ラバーがグッと食い込んで飛び出していきますが、カーボンラケットの弾き出しがないので、コントロールがしやすいですね 弾道が極端に直線的ではないので、ドライブ等が打ちやすいメリットがありますね インナー系のカーボンラケットと合わせた場合よりも更にソフトな打球感です

弾性 6

ラバーの弾性は非常に弾むタイプの物が多い表ソフトとしてはマイルドな方ですが、弾性はまずまず良好ですね ラケットの弾性も同じく良好なので、弾性が大幅に向上するような組み合わせではないですが、良好な弾性を確保できる組み合わせですね カーボンの影響が少なく、棒球になり過ぎない為、弾性と安定性のバランスが高い印象です ソフトでラバーの食い込みが良いので、軽い力で打球をしても飛ばしやすいですね 連打がしやすい組み合わせとなってます カーボンラケット × ドイツテンション表 の組み合わせとしては驚く程使いやすい組み合わせですね 威力よりもピッチ重視のプレースタイル向けですね

球持ち 4

ラバー自体も軟らかいですが、それ以上にラケットの影響が大きく出ている印象ですね カーボンラケットでありながら球持ちが良く掴むので、非常に印象的な性質を持っています ソフト × ソフトな用具同士の組み合わせなので、表ソフトを合わせた組み合わせとしては若干持ちすぎる印象ですね 強打の際にグッと掴んでしまい、少し遅れて飛び出してきます 前述していますが、軽い打球でスピードが出るので、その特性を活かした方がこの組み合わせは良いですね

総評 7

まずカーボンラケットを使っている感覚が皆無でしたね 打球感が非常にソフトで球持ちが良い印象でした 表ソフトを組み合わせるにはややソフト過ぎる打球感ですが、ラバーの食い込んだ後の反発力が良好なので、コントロール性の高さとスピードボールの出しやすさが特徴の組み合わせとなってます なので威力との両立は難しいですが、軽い打球でもスピードが出せる事やカーボンラケットとしては直線的になりづらい事、軽量である事が大きなメリットとなりますね 早い打点で連打可能な組み合わせとなってます

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的にはアリな方ですが、威力面でやはり「うーん」ですかね ハードヒットした時に食い込みが強すぎるので、もう少し硬い方が良かったです 硬めのラバーと合わせる方がレーザーカーボン中国は良いですね かなり軽いので取り回しが抜群に良いのは前陣でプレーするには非常に良いですね 特に止める技術に関しては軟らかさと飛びすぎない所がテンション表を使用している割には安定させやすい印象でした ボールの軽さは仕方ないですが、使いやすさとスピードの出しやすさ 軽さは非常に魅力的ですね