用具検証
「spline P1」×「ファスタークC-1」 

柳材を使用した異質用ラケット「spline P1」と抜群のスピード性能と弧線弾道が特徴的なテンションラバー「ファスターク」シ リーズから、G-1のトップシートにソフトスポンジを搭載し、使いやすさが向上した「ファスターク C-1」の組合せを検証・数値化

 

打球感 5

P-1は打球時に「掴む」感覚がありますが、C-1のシートはファスタークG-1と同タイプの為、やや弾く感じのある打球感となっています なので打球感としてはP-1程のフィーリングは無い印象ですね P-1よりは打球後の飛び出しが早い印象を受けます ファスタークG-1との比較ではスポンジがソフトな分、食い込ませやすくなってますね ラケットとの相性ではややスプラインP1のリアルヒット加工の影響で硬さや響きが感じられるものの、ソフトスポンジタイプに良くある「食い込みすぎる打球感」というのはなく、強い打球にも対応できる組み合わせですね

弾性 5~5.5

弾性に関しては大幅な違いはP-1と比較してそこまでの差は無い印象ですが「弾道」に関してはかなり違いが出ます P-1の弾道が大きな弧線弾道なのに対して、G-1の特徴を持ちつつ、使いやすくしているC-1は直線的な弾道となります なので安定性を重視する場合はP-1 ファスタークG-1の弾道と使いやすさの両立を重視する場合はC-1ですね ラケットが総柳5枚合板でありながら、弾性がそこそこあるのも弾性を大きく減退していない点もグッドです

球持ち 5

これはP-1と比較して違いが体感できる所ですね C-1の方が球離れが早いです スポンジがソフトタイプですが弾きが良いので、ハードヒット系の技術の際にも程よい食い込みで飛ばせるのはC-1ですね P-1はグリップ力と掴みが特徴なので、ハードヒット系の場合は掴み過ぎてしまう印象です P-1はドライブを中心の方が適しているラバーですね スプラインのリアルヒット加工が多少ハードさがあるので、C-1との組み合わせとしては寄り弾きやすい組み合わせとなってますね

総評 7.5

ラバーの球離れと直線的な弾道で球質に違いが出せます ラケット自体にやや弾きと響きがあるので、C-1との組み合わせでは多少ハードな打球感になりますが、木材ラケットの範疇である硬さといった印象です また、総柳5枚合板のラケットとしては弾性が良いので、柳材ラケットよくある弾性の減退が少ない点も攻撃面では大きい点ですね 特にハードヒット系で飛ばしやすいので、ドライブとスマッシュのバランスが良くなる組み合わせです 打球感で好みが分かれる所ですが、守備的なプレースタイルに多い柳系のラケットとの組み合わせとしては攻撃力を大幅に落とさない印象でしたね

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的には好みな打球感でした P-1は使いやすいですが若干ソフト過ぎる印象でしたので、C-1の方が打ちやすかったですね ドライブの打ちやすさや安定性はP-1ですが、グリップを強制的にさせているような打球感が苦手でした C-1はG-1の良い所をそのままソフトにしているので、シートの良さに加えて、程よく食い込むようになっている点が良かったですね