用具検証
「spline P1」×「ファスタークP-1」 

柳材を使用した異質用ラケット「spline P1」と抜群のスピード性能と弧線弾道が特徴的なテンションラバー「ファスターク」シ リーズから、プラスチックボール対応として登場した、グリップ力が最大の特徴である「ファスターク P-1」の組合せを検証・数値化

 

打球感 4.5~5

柳系のラケットはボールの吸収力が特徴ですが「リアルヒット加工」により、総柳5枚合板でありながら弾きやすさのあるスプラインP1にグリップ力のあるシートで掴むタイプのファスタークP-1を合わせた打球感としては、少しだけ弾く感じを残しながらも、ファスタークP-1の特徴でもある「掴み」が損なわれていない印象です 少しだけ響きがありますが、影響はそれ程大きくはないですね 一般的な柳材特有の響きや打球感と比較すると、かなり抑えられています 板厚の薄いラケット + 弧線の強いラバーなので、回転のかけやすい組み合わせとなってます

弾性 5~5.5

ラケットの弾性自体はそう高いものではないですがダーカーの独自技術である、リアルヒット加工の効果はなかなか高く、総柳5枚合板のラケットしては弾性は良好です ここにテンション系で弾性が強いファスターク系で「G-1」と同じタイプのスポンジであるP-1なので、弾性面に関してはラケットの特性を考慮すると、飛距離の面で物足りなさはあるものの、良く弾む組み合わせ という印象ですね 打球感がソフト過ぎて打ちづらい という様なことはないです

球持ち 4.5

グリップ力が特徴のファスタークP-1と合わせていますが、板厚が薄い(5.5mm)割に弾くラケットなので、意外と少ない印象ですね ファスタークP-1のグリップ力の効果は高く、ここで球持ちの効果が得られています ラバーのグリップ力がずば抜けていますが、グリップしすぎる程のグリップ力なので、バランスとしては良い組合せとなってますね

総評 7

カット用ラケットをベースにした総柳5枚ですが、リアルヒット加工の効果で総柳の打球時による「吸収」という特性は残しつつ、弾きがプラスされています ここにグリップ力と弧線弾道が特徴のラバーを合わせた事で弾きとグリップ力のバランスが良くなっていますね やや響きがあるものの、総じてバランスの良い組み合わせとなってます 回転がかけやすく、操作性の高い組み合わせです ラケット自体が弾きは強めなものの、弾性が高いタイプではないので、ブロック等で合わせた時の距離感 ここが少し慣れが必要な部分です とはいえ、総柳ラケットを使用した組み合わせとしては弾性は良く、ラケットの特性が「異質プレー」を想定して設計されているので、粒高等を合わせた時のバランスを考えると、非常に良い組合せといえますね

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的には「アリ」ですね 程よい弾きがあるので、裏面で使用した時にドライブ・ハードヒットどちらもやりやすかったです ただブロックした時に飛距離が出ないので、ボールを合わせた時に少し押し気味に打球して、距離感の修正をしました 回転はかなりかけやすいですね ブロック以外はコントロール性と弾性のバランスは個人的には好みなので、前陣でプレーする分には問題はないですね