用具検証 「福原愛PRO・ZLF」 × 「ロングピンプル 53°」 3.5mm 厚相当

前陣速攻スタイル向けのZLF搭載ラケット「福原愛PRO・ZLF」と抜群のスピード性能と規格変更で「表ソフト」となったラバー「ロングピンプル」のハードスポンジバージョン「ロングピンプル 53°」の組合せを検証・数値化

 

打球感 4

53° というと、非常にハードな打球感という印象になりますが、ラケット効果が大きく作用している為、実際にはそれ程硬い打球感ではないですね 粒が倒れやすいので、スポンジの硬さを体感するのは強い打球をした時ですね 食い込みは少ないので、強打系・プッシュ等でスポンジが食い込みすぎてしまい、飛ばしづらい というのはないですが、粒が軟らかい為、スポンジにまで力を伝える必要があります 組み合わせとしてはラケットが球離れが早すぎず、ソフトという事や数値の割にはハード過ぎない「53°」というスポンジ硬度・倒れやすい粒の影響で、飛ばしづらさはあるものの、飛ばし方をコントロールしやすい組み合わせですね

弾性 4

一般的な表ソフトの様に打って飛ぶタイプではないですが、強い打球をした際にスポンジの硬さと弾きが出る印象です 軽い打球の場合はスポンジに力が到達する前に粒がグニャッと倒れてしまう為、弾く事が難しい組み合わせですね スピードを出すにはしっかりと弾き飛ばす必要があります 弾道は直線的ですが、粒の効果が大きく変化幅が非常に大きい事の方が印象としては強いです 弾性の強いラケットに合わせていますが、カーボンの様に飛び出していくタイプではないので、飛びがありながらも使いやすい組み合わせとなってます 積極的に打っていくプレースタイルをする場合は硬質なラケットの方が弾きやすいですね この組み合わせはブロック+変化で揺さぶるタイプのプレーに適しています

球持ち 4.5

球持ち自体はスポンジがソフトではないのでそこまでの球持ちは無いです ですがラケットがソフトで球持ちもあるので、組み合わせのバランスとしては良いですね ラバーが独特なので飛ばすときはしっかりと弾く、粒の倒しやすさを利用して、短く止めたい時や変化を出したい時は軽く当てて粒を倒す という様な事がやりやすい組み合わせです 強く弾いた時は初速がまずまずあるので、ここが通常の粒よりは表っぽさのある弾道をしていますね(規格変更しているので、正確には表ソフトではありますが)

総評 5.5

粒高として見るか、変化系表として見るかで評価は大きく変わってきますが、組み合わせとしてはまずまず良好な組み合わせです ラバーの特性上、打っていくにはもう少し硬く、球離れの早いラケットが好ましいですが、ボールコントロールと変化を中心にプッシュや強打も織り交ぜるようなプレースタイル向けですね 早いボールにブレ球を求める場合は前者の組み合わせですね 硬いスポンジであっても粒が軟らかく、容易に倒れるので、ソフトなタイプのラケットでは弾きづらさがあります 規格上は「表ソフト」となっていますが、ラバーの特性としては粒高なので、粒高に攻撃力と安定性を持たせた組み合わせ といった印象ですね 表ソフト特有の弾道やスピードではないです 変化系表・・・としても粒が軟らかすぎるので、やはり粒高ですよねえ・・・ 唯一スポンジの硬さが「表ソフト的」な打球感になる位ですね ですが攻撃力のある粒高スタイルを目指すには良い組合せといえますかね

アリ? ナシ ? 実験者感想

変化幅が大きいラバーとソフトで飛ぶタイプの組み合わせですが、使いやすく面白い組み合わせですね 規格変更の件があったので「変化系表ソフト」という認識で打ち始めましたが、粒の倒れ方や変化・ボールの飛び方はやはり「粒高」ですね 変化幅はかなりあるので、プッシュや対ドライブのハーフボレー等には威力を発揮します またレシーブがやりやすいので、攻撃的なレシーブを仕掛けやすい点はグッドですね 表ソフトではなく「粒高」としてみて問題ないです かえって表ソフトとしてみた方が戸惑いが多いかなあ という印象ですね 打球感や飛び方が表ソフトとは大きく異なりますね