用具検証 「福原愛PRO・ZLF」 × 「ファスターク C-1」

前陣速攻スタイル向けのZLF搭載ラケット「福原愛PRO・ZLF」と抜群のスピード性能と弧線弾道が特徴的なテンションラバー「ファスターク」シリーズから、トップシートはC-1そのままにスポンジをソフトタイプにしたバージョン「ファスターク C-1」の組合せを検証・数値化

 

打球感 4.5

ファスタークG-1のスポンジ硬度がメーカー表記で「37.5°」に対し、ファスタークC-1は「35.0°」なので打球感の差は出てきますが、単なるソフトスポンジ搭載バージョンではなく、バランス良くまとまっているラバーに仕上がっている為、使いやすさと威力の出しやすさの両立が高いレベルで両立されているラバーです 福原愛PRO・ZLFは打球感はソフトですが、特殊素材特有の硬質感や響きが皆無な為、打球感もソフトです G-1との組み合わせと比較して、より食い込みの良さが分かりやすいですね 打球時に軽く食い込み、飛び出していきます シートはG-1と共通なので、軟らかくなりすぎない点が良いですね シートの硬さとスポンジの食い込み ラケットのしなやかさ このバランスが非常に良い組み合わせになってますね

弾性 6.5

ラバー・ラケット共に高い弾性を有する用具ですが、特殊素材 + テンション系特有の飛び出しや反発力は抑えられる為、高い弾性を持ちながらも使いやすい組み合わせとなってます シートの引っ掛かりが良く、食い込ませやすくなっているので、ドライブ・スマッシュのバランスが良いですね ソフトスポンジのラバーによくある、ハードヒット時に潰れすぎて飛ばしづらい という様な事も無いので、万能タイプな組み合わせです 球離れは少し早い程度ですかね やや直線的な弾道ですがコントロールしづらい という印象は無いですね G-1の方が少し弾く感じがある印象です 後述しますがC-1の方がボールを持つ感覚は強いですね

球持ち 4~4.5

スポンジ硬度が僅か「2.5°」ですが、これは結構感覚がC-1の方が持つ印象ですね 軽く打った時の打球等では差異は少ないですが、ハードヒットした時にC-1のソフトストロングスポンジがグイッとボールを掴んでくれます ただシートはG-1なので、打球感が軟らかくなりすぎず、バランスが取れていますね 福原愛PRO・ZLFはフィーリングがかなりソフトなラケットですが、弾性も十分なのでボールを持ちすぎて飛ばしづらい というのは無いです 球持ちが良い上にシートの引っ掛かりはG-1同様良いので、早い打点で擦ったりする事が容易になりますね

総評 9

G-1を使いやすくしてトータルバランスが更に良くなった組み合わせですね 球威やスピード等はファスタークG-1ですが、早い打点でのドライブ等は非常にやりやすくなるので、G-1と比較すると軽い打球で回転やスピードが出しやすくなっています 程よい弾きと食い込みのあるスポンジで使いやすい組み合わせです シートはG-1と同様で硬さがある為、ソフトスポンジバージョンではあるんですが、フォア・バックどちらでも使用できるのも良いですね 福原愛PRO・ZLFはソフトな為、もう少し硬さを出したい場合はインナーフォースZLC等で打球感の調整をすると良いです やや直線的な弾道ですが適度な食い込みがある分操作しやすいのは大きいです  穴の無い組み合わせですね コスト面がネックなりますが、それ以外は総じてどの技術もやりやすく、威力と使いやすさのバランスが非常に良い組み合わせとなってますね

アリ? ナシ ? 実験者感想

福原愛PRO・ZLFがかなりソフトフィーリングで弾みも良いラケットなので、個人的にはG-1をフォアにしますね バック用で丁度良い硬さでした C-1はバックで使うには威力と安定性は非常に良いですね 軟らかすぎないので、強い打球やドライブ時の適度な食い込みと弾きのバランスが良い印象でした クセが少なく何でも出来るタイプの組み合わせですね 使いたいですが、ペンユーザーからすると「ZLF」は中国式及び反転式のラケットが日本市場にはないので、ここはどうにかして頂きたい所ですね G-1で少し硬いと感じた場合やS-1からのステップアップ用としても良いラバーです どの技術もやりやすく、失敗が少ない組み合わせ という印象ですね