用具検証
「RASANT TURBO」 × 「アクアブレードスペシャル 反転式」

弾きの強いスポンジとグリップ力の高いシートが特徴のドイツテンションラバー「RASANT TURBO」と表ソフト速攻タイプのラケットとして高い人気を誇る「アクアブレード」の反転式バージョン「アクアブレードスペシャル 反転式」の組み合わせを検証・数値化

 

打球感 6

木材ラケット × ややハードタイプのラバーの組み合わせは硬い打球感というよりは「弾きが強い」打球感といった印象です アクアブレードスペシャルの特性上、それが更に顕著な打球感ですね 硬すぎではないですが、前に飛び出そうとする組み合わせとなってます 弾道は直線的な弾道ですね その為ループ系のドライブは前に飛びすぎてしまう印象です スポンジとラケットが弾いて飛び出そうとするのをシートの引っ掛かりで弧線を作ろうとするので、こういった弾道になるんですが、直線的な弾道が強いので、大きな弧線弾道にしづらい組み合わせですね ドライブは打ちやすい組み合わせではないですが、個性的な弾道となるので、受けづらさのある弾道となります

弾性 6

ラバーやラケットの弾みは良好ですが、RASANT TURBOの弾性とアクアブレードスペシャルの「弾き」がやはり強い影響で、スピード性能よりは前に飛ぼうとする力の強さが印象的です スピード性能自体は木材ラケットとの組み合わせとしては良いですね 際立ったスピード性能ではないですが、平均以上の弾性は確保できています もう少し掴みがあると良いですが、これはラケットの変更で対応可能ですね 直線的な弾道に偏重している組み合わせなので、個性は出ますが使いやすい組み合わせとはいえないですね

球持ち 6.5

カーボンラケットの様な球離れではないですが、木材系のラケットの中では球離れが良いので、そこにスポンジがやや硬めで弾くタイプの物を持ってくると、当然ながら球離れは早くなりますね 打球時に離れる感覚は強いですが、飛びすぎる というほどの弾性ではないので、ショート等の止める技術でコントロールのしやすさが意外ですね テンション系としては弾いた後の飛距離が出すぎない印象でした なので、グリップ力のあるシート活かして早い打点でのドライブやツッツキが可能です ただ前述している通り、前に弾き過ぎる特性があるので、弧線を作り安定させる という所で難しさがありますね

総評 4

ラバーの特性とラケットの特性が結構前面に出てくるので、かなり直線的な弾道になる組合せですね 棒球にならない大きな点としては、RASANT TURBOのグリップ力の高いシートで引っ掛かる というのが大きいです 強い打球にも潰れ過ぎる事が無いスポンジなので、ハードヒットできる点も良いですね ネックとしてはラバー自体の重量とラバー・ラケット共に大きな特徴となっている「弾きの強さ」です これによりドライブの弾道が直線的になりすぎてしまうので、安定性に欠ける組み合わせとなってしまっています ペン裏面で使う場合は特に「重量」の部分が枷になってきますね 中国式ではなく、日本式・反転式で両面を貼る場合は重量のバランスに注意が必要です 後はラバーのコスト面ですね ハイクラスのラバーとしては寿命が短いので、貼り替えるサイクルが短くなります

ハーフボレーやスピードドライブが魅力的ですが、安定性の部分と重量 ここのバランス次第ですね 万人受けではないですが、直線弾道に回転量をプラスできる組み合わせですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

ラバーのシートの引っ掛かりとスポンジの弾きの強さが良いので裏面での使用は魅力的ですが、個人的には重量で最後まで悩まされましたね 裏面で使うなら軽いラケットに変更します 反転式や日本式で両面貼るのはお勧めしづらいラバーです アクアブレードスペシャルは反転式の中では中国式やシェークと変わらない重量の物もあるので総重量もそれらに近くなってきますから、振ることが更に難しくなってきますからねえ アクアブレードスペシャルでラザントターボはちょっと重過ぎましたね