用具検証
「PATISUMA」 × 「TIMO BOLL ALC」

回転性能の高さが最大の特徴である表ソフト「パチスマ」とティモボル選手はじめ多数のトップ選手の使用実績のある、アリレートカーボン搭載ラケット「ティモボルALC」組み合わせを検証・数値化

 

打球感 4

ラケット自体に弾きがあるものの、ラバーが軟らかいので、それ程硬さは感じないですね ソフトな打球感となっています 中国系の表ソフトとしてはかなり軟らかい打球感をパチスマはしているので、ラケットの多少の硬さは気にならない組合せとなってます なので中国系表 × アウター系特殊素材の組み合わせとしてはかなり使いやすい組み合わせですね 食い込みの良さはありますが、反発性能がもう少し高いと尚良かったですね 弾性の部分で物足りなさがあります

弾性 4~4.5

カーボン系でアウターの特殊素材との組み合わせの割にはかなり控え目な弾性という印象ですね 食い込みの後にラバー自体の反発力はかなりおとなしく、球離れも早くない為、スピードが出しづらいです 弾道や球質は表ソフトらしい球質ですが、スピード性能に関しては遅いですね 非テンションという事や中国系という事を考慮するとこれは仕方が無い部分もありますねえ 非テンションでスピードも欲しい場合は「スペクトル」等の様なスピード系の非テンションを選択した方が良いですね こちらの方がスポンジも硬めで球離れも早いので、より表ソフトらしいシャープな弾道となります 対してパチスマは強弱のつけやすいタイプなので、微調整がやりやすい利点があります 常に微調整しながら打球する必要がある というところで好みが分かれるタイプですね

球持ち 4

これに関しても「カーボン系のアウター特殊素材で使う割にはソフト」という印象ですかね 打球時にグイッと掴む感じのある印象です その後の飛び出しが早くない為、コントロール性は高いですね なのでブロック・カウンターや台上等の細かな部分での操作性は高い組み合わせとなってます 軽くあわせただけで攻撃的なボールになるタイプではありませんが、確実性が格段に増す組み合わせですね 加えて中国系の球質が加わるので、安定性+変化が非常に良い組合せです コース取りや変化を付けて行きやすいです 後は滑りが少ないので擦りやすいのも利点ですね

総評 7

弾性の面でフォアでは流石に攻撃力不足ですが、バック面に関しては変化の付けやすさと安定性の高さが非常に良いですね 中国系の表ソフトとしてはクセも少なく使いやすいので、打ちやすさもグッドです カーボン系の特殊素材と非テンションの中国表という組み合わせですが、相性としては非常にバランスが良い打球感となっています パチスマがソフトなので、打球感が硬くならないですね ラバーのコスト面が特に良いので、多少ラケットが高額であってもトータルコストを抑えられるのも良い所です ネックとなるのはスピード性能ですが、これはラバーのスペック上、仕方が無い部分ですね もう少しスピード性能が欲しい所です そして球離れ かなりソフトで反発力も弱いので、表ソフトとしては弾きづらさがあります 球質に関しては良好ですね ボールは良く止まるので、強弱と変化で崩して、フォアで決める というプレースタイル向けの組み合わせですね もう少し強打のしやすさがあると良かったですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的にはバック用であれば といった所ですかね フォアでは流石に飛びが厳しいです 已打底でもあれば別ですが  弾性をアップさせてもう少し硬め+球離れをとるなら「パチスマトップスピード」が良いです が、こちらは中国表寄りの性質が濃くなるので、使いやすさと変化を重視するなら、パチスマの方が良いです フォアで使うならトップスピードですね 個人的にはもう少し球離れと硬さが欲しいので、硬質なラケットで使いますね 使いやすさと変化性能は良いラバーなので、弾きづらいのは個人的には厳しかったです もう少し弾きとスピード性能をカバーできるとバランスが良くなりますね