用具検証 「福原愛PRO・ZLF」 × 「ファスターク G-1」

前陣速攻スタイル向けのZLF搭載ラケット「福原愛PRO・ZLF」と抜群のスピード性能と弧線弾道が特徴的なテンションラバー「ファスターク」シリーズから、トップ仕様多数のスペックを有する「ファスターク G-1」の組合せを検証・数値化

 

打球感 4.5~5

ZLファイバーを搭載した福原愛PRO・ZLFにやや硬さのあるファスタークG-1との組み合わせはラケットの影響が大きく、打球感は程よい硬さになりますね ややソフト~丁度良い といった印象です 特殊素材系で使用したケースではかなりソフトな打球感となってますね アリレートカーボンやZLカーボン等と比較すると明らかに打球時に掴んでいる感覚があります ファスタークG-1はヨーロッパメーカーの同クラスのラバーの中では硬過ぎるタイプではないのですが、このラケットとの組み合わせによって、トップ仕様でありながら使いやすくなってますね

弾性 6.5~7

高い弾性を有するファスタークに木材系の様な打球感を持ちながら弾性アップをしているZLFとの組み合わせはしなやかな打球感で弾みを上げる組み合わせとなってます 特殊素材に多い硬質な打球感は全く無いですね 飛びの良いラバーですが、ラケットの掴みによって、回転がかけやすく飛ばせる様になっています この性質により、ドライブが非常に打ちやすくなっていますね 特にG-1は出足が早めのラバーなので、ラケットの軟らかさでコントロールできる面は大きな所です 非常に高いスピード性能を有しながらも、安定性を確保できる組み合わせと言う印象ですね

球持ち 4.5

打球感の影響同様にラケットの掴む感覚が良い方に作用します ラバーのグリップ力と相まって、打球時に瞬間的にグッと掴む印象ですね その後ラバーの高い反発力で飛ばしている為、球離れはやや良い組み合わせです ファスタークG-1特徴であるスピード性能と弾道を損ねずに使いやすく安定感が増していますね

総評 8.5

ファスタークG-1の特徴である「速さ」を福原愛PRO・ZLFの軟らかさを組み合わせると、スピード+安定性となり、非常に良い組合せですね この軟らかさにより、バック面でも使いやすくなります バック面で安定性を出す場合はソフトスポンジ系のラバーで対応するケースが多いですが、ZLFの効果は非常に大きく、硬さのあるラバーも程よくソフトに出来る「掴み」や「しなやかさ」がありますね 更に弾性もアップさせる事ができるので、ラケットの影響が非常に大きい印象です ファスタークG-1の良さを引き出している印象です 「掴み」により、回転がかけやすくなった事でより弧線が作りやすくなっている点も大きいです  ネックと言えるのはコスト面と打球感の好み位ですかね   総合的なバランスは非常に高く、攻撃力の高さと安定性が魅力ですね 用具の効果が発揮されている組み合わせです

アリ? ナシ ? 実験者感想

これは非常に良かったですね 特にラケットの影響に驚きました ZLFはZLC以上にしなやかでソフトなので、硬いラバーでも使いやすくなりますね ファスタークG-1は硬過ぎとは行かないまでも、程々の硬さがあるので硬質な打球感になりがちな特殊素材系は避けた方が失敗は少ないですが、ZL系に関しては打球感の面ではネックとなりにくいです 直線的な弾道とやや硬めで特殊素材らしさを残す打球感であればZLC 回転のかけやすさと弧線を優先する場合はZLFといった選択となります 一般的な硬質な打球感の特殊素材では結構ハードな打球感となるので、打球感のバランスを取る場合はインナー系の方がファスタークG-1は使いやすい傾向ですね 非常に相性の良い組み合わせでした