用具検証 「福原愛PRO・ZLF」 × 「テナジー 05 FX」

前陣速攻スタイル向けのZLF搭載ラケット「福原愛PRO・ZLF」と圧倒的性能を有する「テナジー」シリーズから、特に優れた回転性能をもつ「テナジー 05」のソフトスポンジバージョンである「テナジー 05 FX」の組合せを検証・数値化

 

打球感 3.5

テナジー 05FX(以下05FX)とソフトな打球感が特徴である「ZLF」を搭載したラケットとの組み合わせは非常に打球感がソフトになります 打球時の響きは皆無で、掴みながら飛ばす といった印象ですね 特に05FXがかなり軟らかいので、掴むタイプのラケットを合わせると掴み方が非常に長くなります ボールコントロール力は抜群に良くなりますね 打球感の良さと回転のかけやすさ コントロール性能等の面に秀でる組み合わせとなってます

弾性 6~6.5

ZLC程ではないにしろ、弾性に優れるZLFにこれもソフトスポンジ版とはいえ、抜群の弾性を有するテナジーシリーズですから、弾性は良いものとなってます プラスチックボールとなってからは飛距離を落としていますが、圧倒的な性能を持つラバーの威力は引き続き健在 という事ですね かなりソフトなので弾きづらさがややあるものの、トータルバランスの高い組み合わせとなってます ボールの掴み方と弾みはさすがはテナジー という所です 大きな弧線弾道によるドライブの安定性・ドライブのかけやすさは群を抜いてますね

球持ち 3.5

ソフト×ソフトの組み合わせですが、ボールの持ち方がかなり長い印象ですね グッと掴んで飛び出すまでにやや時間のある持ち方です  ZLFが特殊素材としてはかなりソフトなので、ボールの持ち方は一般的な特殊素材系と比較するとかなり球持ちが良くなってますね FX系のラバーでは少し軟らか過ぎるので、もう少し硬いほうがバランスとしては良くなる印象でした 通常のテナジーがこの問題は解決してくれますね 球持ちは非常に良い組合せです

総評 6

ラケット・ラバー共に高性能で、コストもかかる組み合わせですが、同じメーカーという事もあり、合わせると「全く合わない」という組み合わせではないです ソフト過ぎるので、硬さがもう少しあったほうが良いですね 特にラケットのフィーリングがかなり軟らかいので、FXでは安定性を最重視したような組み合わせとなります 大きな弧線を活かしたドライブはコートに収めやすく、テナジーの高い回転性能もある為、軟らかさや打球感以外はバランスは良い印象です ZLFではFX系はソフトになるので、通常のテナジーの方が威力面で差がつきます とはいえ、ラバーの性能がずば抜けているので、同程度の硬度を持つラバーの中では素晴らしいスペックであるのは間違いが無いですね 安定性を重視しつつも威力は極力落とさない組み合わせです

アリ? ナシ ? 実験者感想

プラボールでもやっぱりテナジーは凄いですね そして福原愛PRO・ZLF 打球感が抜群に良いです ただ個人的にはテナジーFX系はZLFでは軟らかすぎますね ALCの方が適度な弾きがある分、使いやすいです ZLFだと掴みすぎてしまうんですよね プラボールではテナジーとはいえ、飛距離や僅かながらも「すべり」がありますが、大幅な用具変更を必要とせず移行できるので、ここが最大の強みですね 最大のネックは「価格」 これだけです 他社のトップ仕様のラバーと比較すると、実売価格で倍近い金額となるので、継続的な購入の難しさがあります この性能にあの金額が釣り合うか という所でしょうね ラケットも登場してすぐ価格改定となりましたからねえ 良い用具である事は事実ですが、試しづらい価格帯の物が多いですね