用具検証
「Offensive Classic WRB」 × 「VEGA JAPAN」

スウェーデン製5枚合板を代表するラケットのグリップ空洞バージョン「Offensive Classic WRB」と人気シリーズを日本市場用に調整したドイツテンションラバー「VEGA JAPAN」の組合せを検証・数値化

 

打球感 4

ドイツテンション全体としてみると「45°」という硬度は中間的な硬さという位置付けで、硬さとしてはややソフトといったラバーが多いです 実際、このVEGA JAPANもシートスポンジ共に硬さはあまり無く、食い込ませやすいラバーとなってます ここに回転のかけやすくフィーリングの良い5枚合板を合わせると、よりフィーリングを重視した打球感となりますね 打球時にボールを掴み、回転をかけて飛ばす感覚が分かりやすい組み合わせとなってます

弾性 5.5~6

弾性はドイツテンションラバーなので良好な弾性を有しているラバーですが、バランスを重視した設計となっている為、際立ったスピード性能ではないですね 弾道は大きな弧線弾道が特徴的です これにより非常にドライブが安定する組み合わせとなってます ドライブ主戦のプレースタイル向けですね ラケットが板厚が薄めでしならせて回転をかけるタイプのラケットなので、弾性がそれ程高いタイプのラケットではないですから、これは仕方が無い部分です とはいえ、まずまずの弾性はラバーで確保できているので、安定性+ドライブ という組み合わせとしては良いですね 食い込ませて回転をかけるかけ方に適している組み合わせでもありますね

球持ち 3.5~4

軟らかめの硬度+球持ちの良い5枚合板の組み合わせはかなりボールを持つ組み合わせとなってます 強い力を必要とせずに食い込ませることが可能なラバーなので、球持ちの良さが分かりやすいですね 更に掴む打球感を持つラケットと合わせていますから、球持ちの良さは抜群です 掴み方が強い為、ハードヒット系にやや難はあるものの、軟らかい打球感とフィーリングを重視している組み合わせなので、相性としては良い組合せといえますね

総評 6.5

程良い弾みとドライブを安定させやすい軟らかさが特徴ですね ラバーの食い込みとラケットのしなり 両方の良さが活きている組み合わせとなりました ラケットは弾性がおとなしいですが、ラバーがまずまずの弾性を有しているので、前述の「程よい弾み」となってます 際立った性能を発揮する様なスペックではないですが、使いやすさや安定性はグッドですね ラリーに強さがある組み合わせです ラバーやラケットのコスト面も良好です ずば抜けたスペックを求めるには厳しいですが、ミスを減らしたい場合にはお勧め出来る組み合わせですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的にはドライブは擦るタイプなので、食い込ませるヴェガジャパンはちょっと苦手でした 打球感や食い込みは良かったんですけどね グッと掴んで飛ばせるラバーで、打ちやすかったです オフェンシブクラシックに関しては説明不要の5枚合板で、この組み合わせの第一印象としては「ボールの持ち方がかなり長いなあ」という印象ですね もう少し硬めで球離れも早い方が個人的には良かったですね ヴェガジャパンをオフェンシブクラシックで使うには少々ソフト過ぎました ですがバランスとしては上手くまとまっていますね 物足りなさはあるものの、打ちやすさと安定性は魅力ですね