用具検証
「レーザーカーボンプレシアスロータリー(木材)」
 × 「ニューアンチスピン(旧型)」 3.5mm(厚相当)

異なる合板構成を持つ反転式カーボンラケット「レーザーカーボンプレシアスロータリー」角丸型のカーボン面とシートに粘着性を帯びた軟らかいアンチラバーの旧タイプ「ニューアンチスピン」の組合せを検証・数値化

 

打球感 2

スポンジが容易に潰れて飛ばないので、「掴む」という感覚は打っている分には無いですね ボールをブロックした際等に包み込む様な打球感ではありますが  自分から打っていくには飛ばすことが難しいです ラケットとの相性は非常に良く、響きもそれ程ないタイプなので、かなりソフトですが、良い打球感ではありますね 食い込んだ後に反発は殆どしないので、この打球感に好みは分かれる印象ですね

弾性 2.5~3

弾性に関してはラバーのタイプが弾まないので、特厚であっても「3」前後 といった印象です 食い込み方が非常に強い為、ハードヒットするには完全に不向きですね 打っていくラバーではなく、確実に止めるスタイル向けの組み合わせなので、ブロックタイプの弾性としてはちょうど良い弾みといった印象です

球持ち 1.5

ラバーの軟らかさが群を抜くソフトさなので、ラケットがどう というよりもラバーによる影響が強い球持ちとなってます 「グニャッとした」という表現が良く合うラバーです ラージボール並~それ以上と言える程で、強いボールを受けた時のボールの吸収力が非常に優れています ラケット自体もカーボン側と比較すると打球感はソフトに抑えられているので、相性に関しては悪くない印象ですね

総評 8

強打を打ち込んだりするラバーではないので、攻撃面に関するよりも主に守備面や台上等の小技面で威力を発揮する組み合わせですね 強いボールを抑え込めるので、ブロックや台上での処理等の安定性を求めるには非常に良い組み合わせと言えます 打球感がグニャグニャっとしている上にラバー自体の反発力が無いので、慣れが必要な打球感ですが、ボールを止める際にはこのグニャッとしたスポンジが抜群の効果を発揮します また、粘着が微妙にあるので滑りにくく、プラスチックボール時においてもそれほどの滑りは無いですね ラケット自体も使いやすく、打球感も片側カーボンの影響が少ないので、異質タイプのラバーをいかしやすい組み合わせとなりました 反転して使用するというよりは裏面で様々なプレーがやりやすくなる組み合わせでしたね

アリ? ナシ ? 実験者感想

裏面にアンチ と言うのは正直選択肢に無く、あくまで「実験目的」での使用でしたが、非常に使い勝手の良いアンチでした レーザーカーボンプレシアスロータリーとの相性も良かったですしね 軟らかすぎて飛ばしづらいという点で慣れが必要ではあるんですが、ドライブが非常に止めやすい点で驚きました 後は裏面の台上でのレシーブに安定性が出せますね そして滑らない これが非常に大きいです シート・スポンジ共に硬いタイプのアンチではシートの滑りがあるので好みが分かれるところですが、粘着+超ソフトスポジのニューアンチスピンは滑りが少ない上に軟らかすぎるスポンジが回転を見事に吸収する為、慣れると非常に面白いスタイルが構築できますね 更にソフトな新型にも期待です