ロングセラーテンション表 幅広いプレースタイルに対応
「ニッタク モリストSP」特厚

テンション系表ソフトとしては非常に息の長い「モリストSP」ですが、プラスチックボールへの以降後も優秀な性能は変わらず、多くのトップ選手使用の実績を積み上げています スピードと変化・回転とバランスの取れた使い勝手の良いラバーです

モリストSP (4)  モリストSP (3)

パッケージのカラーリングは明るめで「爆発」をイメージした様な印象の物となってます 背面の説明文に「グルーを塗った様な」という文言からも分かる通り、「グルー効果」という事が強調されています 実際にグルーを塗った時程の強烈な弾性はさすがに再現されていませんが、弾性は良好です 世代的には少し前のラバーですが、表ソフトの「変化」や「弾道」は健在で、ここがこのラバーをロングセラーにしている理由ですね 尚、モリストSPは厚さが「MAX」までありますが、今回は特厚を使用しています

モリストSP (2)  モリストSP (1)

粒の配列は縦目 粒は気持ち大きめですか 間隔も少しだけ詰まっている印象ですかね 粒形状は主流の「台形+円柱」となってます 粒の間隔や粒形状はスタンダードですね やや台形の底が大きいかな 位でしょうか  スポンジ硬度はメーカー公表値で「30.0°」となってます ただ印象としては数値よりは少し硬めな印象ですかね 他社のドイツテンション表と比較しても、食い込みが強すぎる様なスポンジではないです セルロイド時では球持ちがありましたが、プラボールとなった現在では打球感のバランスは良くなってますね 弾きやすくなってます

プラスチックボール下においても性能は高く、前述していますが「変化」に関してはナックル性能が優秀ですね 少し滑りがありますが気にならないレベルです スポンジ硬度の割に球離れが良いので、セルロイド時でも弾きづらさ というものはそれ程無かったですが、プラスチックボール時の方が弾いた時の「潰れ」が減少しているのでより弾きやすくなった印象です 回転性能の比較では世代的に新しいドイツテンション系表の方がプラボール時の「回転性能」に差はありますが、回転性能も変化とスピード性能に優れるタイプとしてはまずまずのスペックを有しています 綺麗な直線弾道でシャープな球質ですね 表ソフトらしい弾道が出せるラバーです

スピード・回転だけであれば、世代的に新しいドイツテンション表の方がスペック的に優れている部分は多いですが、このラバーの特筆すべきは「総合力」ですね スピード・変化・回転性能・使い勝手等、トータルバランスの良さや汎用性の高さが息を長くしている印象です 「万能型」なラバーですね  回転性能がプラボールとなった事で減少していますが、スピードと変化性能に大幅なスペックダウンは見られず、プラボール移行後も維持できている点は大きいです ロングセラーのテンション系は性能面で廃盤になるものが多い中、優れた性能を発揮しています 価格改定により若干値上げしてしまったのは残念ですが、失敗の少ないラバーですね