用具検証
「レーザーカーボンプレシアスロータリー(木材)」 × 「R4」

異なる合板構成を持つ反転式カーボンラケット「レーザーカーボンプレシアスロータリー」角丸型の木材面とadidasのソフトなドイツテンションラバー「R4」の組合せを検証・数値化

 

打球感 4

木材面での使用はスポンジがソフトな「R4」と合わせると更にソフトで使いやすくなります ですが極端に打球感がソフトになる印象ではないですね 適度な弾きがあり、響きも少なく打ちやすい組み合わせです 弾みが抑えてあるとはいえ「ドイツテンション」である、R4が使いやすくなってます ラバーの軟らかさとラケットの弾きのバランスが良い印象です カーボンの弾きの差がある為、ラバーが食い込んだ後の飛び出す「飛距離の差」 これはある印象ですね 木材面では飛び出しがおとなしい為、打球の修正が必要です

弾性 5

当然カーボン面より弾性は落ちるものの、木材面が想定されるプレースタイル(粒高等の異質スタイルで低弾性のもの)のスペックよりも良い弾性を有している為、弾性は「意外にも弾む」といった印象ですね 印象としてはALL+程度の弾性はあるので、安定性を重視すると弾むラバーとの相性は良いといえます 価格帯で見ると「ミドルスペック」に位置するラバーですから、もう少し弾性が欲しい所です ボールの威力やずば抜けたスピード性能は有していませんが、ラバーのスペックとラケットの弾性を考慮すると良好な弾性ですね 前陣向けの組み合わせですね

球持ち 4~4.5

これも当然ながらカーボンと比べてラケットの打球感がマイルドなので、ラバーの軟らかさの関係もあり、より球持ちは良くなってます ラケットの打球感が極端にソフトでなく、少し弾きがある点がボールを持ちすぎない球持ち といった印象ですかね ラバーが掴んで飛び出していきますが、ラバーのスペックがテンションながら弾性は抑えてあるので、コントロールのしやすい組み合わせですね 使いやすい組み合わせです

総評 4.5

カーボン面と比較すると安定性はさらに高まります より回転がかけやすくなっている為「使いやすさ」が向上しています ラバーのスペックが厳しいので「安定性・ステップアップ」を重視する組み合わせ という位置付けは変わりませんが、木材面が想定以上の弾性を有している為、テンション系との相性は良い印象を受けました 下がってラリーをする様なプレースタイルの組み合わせではないですが、前陣でバックを安定させるにはまずまず良好ですね 飛距離は厳しいです 良い点としてはドイツ系としてはラバーが軽いことが挙げられますが、このラバーは日本市場からは消えてしまう(2015年末をもって)事や同価格帯では競合するラバーの方がコストパフォーマンスが高いのが・・・ 全体的なバランスとしてはまずまずなんですが、価格やスペック面を考慮すると「あえて」というのは無いですね 使いやすさは魅力ですが・・・

アリ? ナシ ? 実験者感想

回転はかけやすくなり、ハーフボレーもやりやすい ただスペックが・・・ これはラバーの基本的なスペックの影響なので仕方が無いですが「継続」は厳しいスペックでしたねえ やはり同じ価格帯にあるドイツ系のラバーと比較すると、見劣りするスペックです ただラケットとの「相性」が良かったですね 打球感や飛び方は前で使う分には使い勝手の良い組み合わせでした なのでテンションラバーを使う「最初の一枚」としての組み合わせであれば、良い組合せ・・・ですかね 打球感も良いです バランスは悪くなかったですが「選択肢」としては厳しいですね