用具検証
「レーザーカーボンプレシアスロータリー(カーボン)」 × 「アタックエイトEX-X」

異なる合板構成を持つ反転式カーボンラケット「レーザーカーボンプレシアスロータリー」角丸型のカーボン面とシートにテンションをかけた半粒のロングセラー「アタックエイトEX-X」の組合せを検証・数値化

 

打球感 4~4.5

コクタク独自の製法である「レーザースプリング合板」を使用したフォア面は檜の上板のすぐ下にカーボンが配置されている「アウター仕様」にも関わらず、驚く程ソフトな打球感となっています 一般的なカーボンラケットとは明らかに打球感で差が出ていますね なのでカーボン独特の硬質で響く打球感が大幅に抑えられています 変化系表のテンションである「アタックエイトEX-X」は木材面使用時においてはソフトな打球感でしたが、カーボン使用時は若干ですが、硬質となり弾きやすくなっています これによりラバーの軟らかさの影響でネックとなっていた点が多少改善された印象ですね 響きも従来型のカーボンと比べて相当少ないので、打ちやすくなります

弾性 5.5~6

ラケットの効果で弾性は向上しているものの、カーボンの強い弾きで弾性を押し上げている印象は薄いですね 弾性はアップしていますが、大幅ではないです また、カーボン独特の球離れは強くない印象です ラバー自体もシートにテンションがかかっているタイプとはいえ、弾性自体は激的なスペックを有しているタイプではないので、やや弾む組み合わせですね クセ球が最大の特徴なので、スピード+変化のバランスで見ると非常に良い組合せといえます

球持ち 4

これはラケットのレーザースプリング合板と軟らかいスポンジによる影響はかなり大きいですね 特にラケットはカーボンらしさはかなり抑えられています 一般的なカーボンとは球離れの面で大きな差を生み出しています ソフトなスポンジを持つラバーの球持ちを球離れにより阻害をしていない組み合わせとなってますね

総評 8

一般的なカーボンラケット+変化系表の組み合わせは相性としては合わせづらいものが多いですが、この組み合わせは例外といえる組み合わせです 木材面と比較して若干のスピードアップと球離れの向上をしています 木材面では軟らかさが強い印象でしたが、カーボン面では弾きやすくなった事で、攻撃をしやすくなっていますね  ブロックを重視するなら木材 変化+攻撃のバランスをとるなら、カーボン といった組み合わせとなります 変化系表の特性を潰さずにスピードアップが図れたのは大きいですね 非常に良い組合せです

アリ? ナシ ? 実験者感想

これは個人的にはアリですね 打っていくプレースタイルにはカーボン面の方が強打が打ちやすくなります 木材面時では球持ちがかなり良いので、強打時に食い込みすぎる印象はありましたが、カーボン面では軟らかさを残しながら弾きやすくなるので、かなり打ちやすくなりました ただ、一般的な所謂「ガチガチ」なカーボンとは一線を画しているので、カーボンで強引に弾き飛ばす という事がないのが特に良かったですね アタックエイトEX-Xのソフトなスポンジと変化 という特徴をしっかりと活かせるのは大きいですね 変化系表+カーボン としては非常に合わせ易い組み合わせでした