用具検証
「SPEED70(9mm) 丸型」 × 「BLAZE SPEED」

球離れの速さが特徴である「SPEED20」をベースに更なるスピードアップを図った加工単板「SPEED70」の丸型タイプと、ナックル性能が最大の特徴である、ドイツテンション表ソフト「BLAZE SPEED」の組合せを検証・数値化

 

打球感 3

ラケットのベースが球離れのあるタイプですが、SPEED70は実際にはかなりソフトな打球感で弾くタイプとは異なるので、そこに非常にソフトである「BLAZE SPEED」と組み合わせると、打球感はかなり軟らかいですね 弾きを求める組み合わせではないです 後述しますが、特にラバーの球持ちの良さが更に弾きづらくしている印象のある組み合わせですね 打球時の潰れ方が強いので、強打の打ちづらさが特に気になる所です

弾性 6.5

ドイツテンション表としては比較的弾みが抑え目ですが、ドイツテンションらしい弾性は有している印象 ここにスピード重視の単板をあわせているので、弾性の高い組み合わせとなってます 弾道は直線的です ネックとなってくるのは前述した通り「食い込み」が強すぎる為、強い打球が難しい点ですね 潰れない様に打球すると軽い力でもスピードが容易に出る という特徴を活かす方が良いです ラバーの軟らかさが打ち方を大幅に変えてしまう為、大きく好みが分かれる印象ですね

球持ち 3

ラバーの軟らかさと想定外のラケットの軟らかさ 超ソフト × ソフト な組み合わせとなりました 特にラバーの球持ちがかなりある為、前述している通り、強打時に潰れすぎる等、表ソフトとしては打ちづらさが気になる点も出ていますが、ナックル性能の高さと軟らかさを活かしたコントロールや軽い力でもスピードが出しやすいなどのグッドな特徴も備えています ただ、速攻向けの組み合わせではないですね 強い打球で食い込んだ後「飛び出しが弱い」これがやはりネックです テンション系の表ソフトとしては物足りなさのある反発力です このラバーであれば、もう少しラケットはハードにした方が良いですね

総評 3~3.5

ハードな打球感のラケット + 球離れの早いラバー という組み合わせの従来型の表ソフトの速攻スタイルには適さないですね どちらかというと、相手のボールを上手く「いなす」様なスタイル向けの組み合わせです ブロック・カウンターや台上等の操作性は高いです 気になる点としてはラバーが食い込んだ後の飛び出しがドイツ系としてはおとしいので、スピードが出せるとはいえ、相性は良好とは言い難いです 後はラケットが球離れの良いタイプをベースとしているので、そのスペックを踏襲している想定で組み合わせましたが、実際にはかなりソフトな打球感で、かなりイメージとは違う打球感だった という印象ですね  表ソフトとしては軟らか過ぎる組み合わせです

アリ? ナシ ? 実験者感想

今回は何から何まで想定外だったのですが、特に気になったのは打球感と強打時の潰れ方 これに尽きますね 強い打球の際にラバーが潰れすぎてしまう為に遅れて出て来る感じは個人的には合わない打球感です ラケットを重視するならラバーを硬くする ラバーを重視するなラバーを替える必要がありますかね 総評でも書いてますが、いなす様な技巧派には好まれそうです  もう少しスポンジがハードで尚且つ球離れが早いと良かったですね 打っていくには弾きづらさの印象の方が強いです