用具検証
「朱世赫」 × 「国套Ⅱ」 38度

世界選手権2位の実績を持つ、カットマン「朱世赫」選手モデルラケット「朱世赫」と基本的な性能は「国套Ⅳ 快攻」と酷似している非粘着中国ラバー「国套Ⅱ」の組合せを検証・数値化

 

打球感 4

ラケットはカット用ながらやや硬さのある「朱世赫」ですが、ラバーの「国套Ⅱ」がソフトで食い込みが良い為、組み合わせとしては軟らかさの残る打球感となってます ラバーの食い込みと弾きのバランスが良いですね 一般的な中国ラバーらしさは皆無です 食い込ませて打球をする打ち方には適した組み合わせですね 滑る様な感覚も無いので、打ちやすいです

弾性 4.5

流石に日本・ドイツ製テンション程ではないですが、中国系のラバーである「国套」が弾性や飛距離の面でかなり健闘している為、守備的なプレースタイルを主とするラケットである「朱世赫」との組み合わせとしては比較的弾性のある組み合わせとなってます 弾道は直線的ですが、暴発する程の弾性ではないので、コントロール性は高いです ドライブの弧線は低い弾道で取りづらいタイプですが、ラバースペック上「回転性能」が厳しいので、スピードが最優先ですね とはいえ下がった状態から盛り返せる程のスピードを出すのは厳しいので、やや前陣に寄るスタイルでの使用がベターな組み合わせですね

球持ち 4~4.5

球離れが早い割にラバーが食い込んで掴むので、弾きすぎて使いづらい というのはそれ程無いですね  打球時に程よく球持ちがあるのはグッドです これによりスピードの出しやすさがありながら、安定性の高い組み合わせといった印象です フィーリングの良い組合せです カットに関しては返球はしやすさを最優先とする様な組み合わせですかね

総評 3.5

カット用のラケットとしては攻撃的な「朱世赫」中国系ラバーとしては弾性やスピード性能が良好な「国套Ⅱ」の組み合わせは、スピードに関してはかなり良い組み合わせといえます ですが、ラバーのスペックが「スピード」に特化しすぎている為、カットでは必須の「回転性能」が非常に厳しいですね なので、フォアカットの比率を下げて攻撃を積極的に仕掛けるスタイルや弾みを抑えて前陣攻守の様なプレースタイル向けの組み合わせといった印象です スピードはこの手の組み合わせとしては出る方なので、回転性能は欲しい所ですね 打球感も悪くないので残念です

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的にはこれは厳しいですかねえ 回転性能が厳しいですね 打球感やスピードは良い組合せなだけにもったいないです どうしても使用するなら、裏×裏で片方に回転を生み出せるラバーを使用するか、ペンの場合は完全に裏面用ですね ただし補助的に使用していくスタイルで使うラバーです カット用ラケットでブレードが大きく重いので、粒高やアンチを使用した異質スタイルには使いやすい重量です 打球感やスピード性能が一般的な中国ラバーと大差がなければ、更に評価は厳しかったですね 組み合わせとしては悪くないのですが、ラバーのスピード偏重なスペックがカット用としては使いづらいです もう少し中国ラバーらしさが残っていれば、フォアカットでの回転も作れるのですが・・・ 回転性能を削ぎ落とし過ぎてますね