用具検証
「レーザーカーボンプレシアスロータリー(カーボン)」 × 「R4」

異なる合板構成を持つ反転式カーボンラケット「レーザーカーボンプレシアスロータリー」角丸型のカーボン面とadidasのソフトなドイツテンションラバー「R4」の組合せを検証・数値化

 

打球感 4.5~5

カーボンラケットでありながら、カーボン特有の響きや弾きが抑えられている「レーザーカーボンプレシアスロータリー」のカーボン面と硬すぎないスポンジと軟らかいシートを持つ「R4」との組み合わせはカーボンラケットを使っていることを考慮するとソフトですね 後述しますが「球離れ」に関してはやや早めですが、アウター系でカーボンらしいラケットとの組み合わせを比較すると扱いやすい組み合わせとなってます 打球感のバランスが良いですね カーボンの弾きの良さと響きの少なさが特徴の組み合わせです

弾性 5.5~6

一応「ドイツテンション」ではある「R4」ですが、弾性は抑え目なので、やや弾む組み合わせ といった所でしょうか ドイツテンション×カーボンラケット という事を考えると使いやすいですが、スピードに関してはラバーのスペック不足は否めない印象です カーボンラケットとはあわせやすい硬度と弾みなので、弾むラケットを使う「ステップアップ用」であれば、丁度良い弾みですね カーボンラケットのスピードやより直線的な弾道にする場合はR4では厳しいですね スピードはテンション系×カーボンラケットとしては物足りないですね

球持ち 5~5.5

カーボンラケットでありながらガチガチではなく非常に使いやすいレーザーカーボンプレシアスロータリー やはり「スプリング合板」の影響が一般的なカーボンラケットとの差として現れています カーボン特有の球離れは抑え目で響きが少ないので、非常に扱いやすくなってますね ここに硬すぎない硬度とテンションとはいえ弾みが控えめのラバーをあわせている為、球離れは少し早い程度に抑えられていますね 打球時にラバーに食い込んだ後、ラケットが弾き飛ばします カーボンラケットを使用していることを顧慮すれば、かなりコントロールのしやすい組み合わせとなってますね

総評 4

打球感や球持ちは良い組み合わせですが、如何せんラバーのスペックが厳しい為、安定性重視やステップアップ用の組み合わせですね 特にカーボンラケットを使用している割に打球感がソフトになるので、カーボン特有の打球感が皆無なのは非常に特徴的でした ラバーの硬度がそれ程硬くないので、使い易さはテンション系×カーボンという組み合わせの中ではかなり高いです 回転量はともかく、回転は比較的かけやすいので、カーボンラケットに慣れるには丁度良い弾性や球離れ といった印象です 上手くまとまってはいますが、ハイバランスではないです

アリ? ナシ ? 実験者感想

スピード面のスペックが特に厳しいですね そして飛距離が出ない 回転性能は抑えてあるラバーなので「仕方ないか」といった印象ですが、カーボンラケットを使用しながら、強い打球でスピードが出せないのはちょっと辛いですね 前陣でコントロールする分には非常に扱いやすいんですが、台から距離を置くと厳しいですね もう少しスピードや飛距離が欲しい所です ドイツテンションをカーボンラケットに貼った感じがしなかったのは良かった点ですね