スピード重視ラージ用テンション
「ニッタク モリスト44」

ラージボール市場では圧倒的なシェアを誇る「ニッタク」のラージボール用テンションラバー「モリスト44」です 反発力の強さとスピード性能が特徴の息の長いラバーとなっています

モリスト44 (1)  モリスト44 (2)

パッケージは明るくシャープなデザインパッケージで、背面に大きくラバーの性能が書かれています スペック表では「スピード 15.0」「スピン 12.5」となっており、スピード重視の設計である事が分かります ラージ用ラバーとしての反発力はかなり高く、テンションラバーらしい非常に優れた弾性を有しています

モリスト44 (3)  モリスト44 (4)

スポンジ硬度は「25度」とラージボール用としては平均的な硬度ですね 粒配列は縦目 粒形状は主流である「円柱+台形」です 粒がそれ程大きい という印象ではないですね 間隔も詰まりすぎず、離れすぎず といった感覚です スポンジの硬度は数字だけ見ると平均的ですが、押し戻す力が強く、これが前述した「反発力」につながっています 打球感はセルロイド時は食い込んでから弾き飛ばす打球感でしたが、プラボール時では少しだけ打球感に硬さが出ていますね

滑りがなく擦りやすいタイプのラバーなので「かけやすさ」という点では良好な印象を受けます 高い反発力をが活きる強打、ドライブ時の飛距離やスピード性能はこのラバー最大の特徴です 硬式のテンション表の様な初速性能も優れているラバーですね 特に軟らかめのテンション表ソフトラバーを硬式で使用している場合は移行がしやすいです 程よい球持ちと直線的な弾道・球離れの違和感が少なく、ハードヒットしやすいラバーです ラージボール特有のスポンジに食い込みすぎる独特の打球感が少ないのは大きいですね プラスチックボールとなったことでブロック時における飛距離や回転性能は減退しています これはプラスチックボールによる影響なので仕方がない部分ですね 特にブロックは食い込んだ後に反発はするものの、飛距離が想定以上に出ない印象を受けました

性能的にスピード重視でありながら使いやすいです 回転性能もスピード系としてはまずまず良好で滑りも少なく、回転がかけやすいですね ボール変更後も引き続き使用できる安定性のあるラバーではあります ただ、ラージボール用ラバーとしては発売期間も長く、後発のラバーが自社・他社問わずハイスペックな物が登場しているので、やや世代的には前のラバーであるのは否めないですね 価格的にはラージ用テンションラバーとしては標準~やや高額 ですかね ブロック等の部分で若干の修正は必要なものの、打球感の違和感が少なく、硬式からの移行のしやすいラバーですね に表ソフトのプレースタイルをそのままラージでも出来る球離れの良さや高い反発力を活かしたスピードが魅力のラバーです