用具検証
「EBENHOLZ NCT Ⅶ」×「AIROC M」

黒檀を使用したスウェーデン製ラケット「EBENHOLZ NCT Ⅶ」とボールを捉えて回転をかける性能に優れる日本製テンションラバーのミディアムスポンジバージョン「AIROC M」(エアロックM)の組合せを検証・数値化

 

 

打球感 5

ハードウッド7枚合板との組み合わせとしてはエアロックが打球感をマイルドにしている組み合わせですね EBENHOLT NCT Ⅶ の硬さを抑えています ラケットの重量やスペックは扱いやすいものとは言えないですが、エアロックを組み合わせることで打球感が硬くなり過ぎない組合せとなっています ラバーの特性をラケットが損ねていないので相性としてはかなり良い印象ですね 打球時の食い込みと飛び出しのバランスが非常に良く、また響きも無いので打ちやすさと打球感が非常に良い組合せです

弾性 6.5

木材7枚合板の中では抜群の弾みを見せるラケットなので弾性は高いです ラバーがテンション系としては弾性を追及しているタイプではなく、安定性を重視しているラバーという事を考慮しても弾みは良いですね 球離れもそれ程早くならないのでコントロール性も弾性がある中では保たれている印象です 弾道は非常に強い弧線弾道が特徴で、これはラバーの特性ですが、スウェーデン製木材合板の特徴でもあるの「回転のかけやすさ」も作用しています 弾む中でも安定性の高い組み合わせとなってますね 特にドライブの打ちやすさは抜群で、ラバーの特性をラケットが良く活かしている印象です ハードヒット系は及第点 といった所ですかね やりづらさは無いですが、初速の速いラバーではないので、バリエーションの一つとして という程度に留めておくのが賢明です

球持ち 4.5

ラバーのカテゴリーがSTIGA社曰く「ホールド系テンション」というカテゴリーを新設していますが、その名の通りエアロックの球持ちはハードウッドラケットで使用しても良好です ラケットがハードウッド系なので、数値はやや硬さを考慮していますがスポンジがそれ程硬くないラバーなので、打球感の調整は容易ですね 特殊素材系等ともあわせやすいラバーの為、ハードウッドの様な硬さのあるラバーともあわせやすいです 硬めの木材ラケットの良さを持ちながら、ラバーの掴みが活かされている組み合わせという印象です

総評 8

打球感は非常に良く、安定性の高い組み合わせです EBENHOLZ NCT Ⅶ の硬さをエアロックが抑えているので、打球時の硬さが丁度良くなってます また、球持ちが良くかなりグリップするので、ドライブが打ちやすいですね ボールのスピードや威力面のバランスを最重視するには良い組合せといえます ラバーが軽量ということもあり軽量化できる点も大きいです その為、片面に重量のあるラバーや異質プレーの場合は更なる軽量化が可能になりますね 強打で打ち抜く というよりは連続で打っていくタイプの組み合わせですね 「どれか一つが10点」ではなく「全体的に7~8点」という組み合わせです 欲を言えばスピードがもう少し欲しかったですね とはいえ総合力が素晴らしく、安心感のある組み合わせとなってます

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的にエアロックはバック用としてなら「アリ」ですが、フォア・バック選ばない組み合わせですね 特にバックでドライブを打った時の持ち上がり方が驚きです 回転をかけた時にかなり上に上がるので、下回転系が持ち上げやすいです ハードウッドとの打球感は良かったんですが、重量バランス次第ですね ラバーの安定感はかなり良いです コストパフォーマンス面も優秀ですしね 軽量ですから今回のハードウッドの様な重量のあるラケット貼る事で、片面に粘着等の重量あるラバーを組み合わせる事も視野に入れることが可能になってきます 自分のプレースタイルが表ソフトなので、バック用に貼り、回転を使って緩急をつけるラバーとしては結構重宝しそうではありましたね