用具検証
「INNERFORCE ZLC」×「PATISUMA TOPSPEED」

高い回転性能を持つ中国製トップシートに通常のパチスマのスポンジから弾性をアップさせたテンションスポンジを組み合わせた「PATISUMA TOPSPEED(パチスマトップスピード)」と高い弾性とソフトなフィーリングを持つ、インナー仕様の特殊素材ラケット「INNERFORCE ZLC」の組合せを検証・数値化

 

打球感 6

インナーフォースZLCはフィーリング自体はそれ程硬いものではないですが、表ソフトの様に強打主体のプレーの場合は「ZLC」の硬さが結構出てきます とはいえカーボンの「響き」は少ないので、中国系表ソフトのPATISUMA TOPSPEEDとの相性は良好です 打球感がやや硬めですが、中国製の硬いスポンジの表ソフトと比較すると格段に特殊素材系とあわせやすいラバーです スポンジに弾力があり軟らかめですが、ZLCの硬さでバランスが取れている組み合わせですね 強打時に潰れずに弾ける所はグッドです

弾性 6.5~7

ラバー自体は一応テンションスポンジを採用しているので、ノーマルのパチスマよりは弾性が強いものとなってます そこにインナー仕様のZLCですから、弾性は強いものとなりますね コンパクトな打球でも飛ばしやすくなります 最も威力を発揮するのはハードヒット時で、インナーのZLCのらしさが出てくるので、打ち抜けるスピードは確保できている印象ですね 非常に直線的でスピードのある組み合わせとなります インナー仕様のラケットの中では弾性の強いラケットですが、弾みの良すぎるテンションラバーと組み合わせている訳ではないので、ブロックや台上等の細かな技術がやりやすいですね

球持ち 6~6.5

球離れは早めで飛びも良いので、表ソフト速攻の組み合わせとしてはグッドな組み合わせですね テンポ良く弾けるのでピッチで打球しやすい組み合わせです 強い打球の時に少しだけ食い込む感覚がありますが、潰れ過ぎるような感覚ではない点が良いですね スマッシュをした時にボールを持ちすぎてしまい、ボールが遅れて飛び出す という感覚は無いです しっかりと弾ける中で球持ちがあるといった印象の組み合わせですね

総評 7.5

中国系の表ソフトを使用する時にノングルーでネックになるのが「弾み」ですが、この組み合わせは見事にそれを解決しています ラバーの特徴とラケットの特徴 双方がうまく合わさっている組み合わせですね 特に中国系の表ソフトはテンションスポンジを搭載したものが少ないので、大きく弾性を稼げるのは大きいです 球質や弾道も表ソフトらしいですしね ハードヒット時のスピード性能の高さも大きな特徴です 中国系の表ソフトに慣れている場合は気にならない硬さですが、テンション系メインで使用している場合はやや硬さが気になる硬さですかね ここが総評をやや低くした点です 総合的なバランスは非常に良く、従来の中国系と比べると打ちやすくなっているのは大きいですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

中国系表を長く使っていた身としてはこれは「アリ」ですね 打球感は中国系のラバーそのままに弾性が向上しているのは良い点でした テンション系は弾みは良いですが、スポンジがソフト過ぎるものが多い為、打ち方を変える等で対応する場合もありましたが、今回の組み合わせは球離れの良さもあって小さいスイングで打球して飛ばしやすかったのが特に良かったですね スマッシュ時に潰れすぎて打ちづらい というのは無かったです 個人的には久しぶりにハード寄りの飛ぶ用具を使ったな という印象でしたね