双 MF P 翔龍等到着

3月に入院して以降、筋力・体力の低下が著しく、メインで使用している用具の殆どが振れない状態なので軽量化を余儀なくされました 筋力や体力は食事が出来ると戻ってくるとは思うんですが食事量が上がってこず、食べやすくて栄養が摂れるものを選んで食べています 内臓的な問題は食事を除けば落ち着いているんですが、元々悪かった「膝」の状態が思わしくなく、卓球の量も劇的に制限せざるを得ない状態です

普段の生活にも影響が出てしまっているので、早い段階で今年は療養を取りながら という方針となりました 体の事なので仕方が無いんですが、用具の変更に予定外の資金投入が続いています もうしばらく続くんですかねえ・・・ 用具以外にも色々と入用ですから、用具は早く落ち着かせたい所です

用具の方針としては第一に「軽量化」 これが必須条件です  次に「反発力」 ですね 試しに日本式の反転で打った所、思いのほか好感触だったので、しばらくはこれで行くと決めました 重量が先端によりますが、総重量が相当軽くなるのでここが決め手ですね 裏×裏は当面日本式です 本来のプレースタイルである「表ソフト」に関しては「片面」に当面は戻します

日本式の中でも「単板」の打球感が最も好みだったので、用具調達は単板中心ですね 実験室の年間予算から捻出しても良い という事になったのですが、単板は安価ではないですからねえ ここが悩みの種ですね 単板反転式は限られますから、後は「J・スピード90 角型」位しかないんですけどね

2015 06 07 (1)  2015 06 07 (2)

ラバーは相当待たされました ようやく「ライジングドラゴン」到着です 一枚は「A-2」です これはどれに貼るかまだ決めていませんが、表ソフトの裏面に貼る予定です ナックルが出しやすい一枚ですね ライジングドラゴンは中国ラバーとしてはそれ程重量が無く、触った感じは少しソフトに感じます プラスチックボールにどういった打球感や回転・クセ球が出るか楽しみですね

双 の角型は結構細身な印象 J・スピードシリーズは「8.5mm」ですが、この双は「8mm」なので握りやすくはなりました 反発がどの程度あるかが後は気になる所ですね 貼るラバーが決まっていないので、早い段階で決めたいです

今の所心身共に結構キツイ状態が続いており、卓球に対するモチベーションも乱高下が激しい状況ですが、卓球が出来る時は原点に戻ってまずは楽しむ事を第一に卓球をしている所です これがなくなった時が「もうダメだ」という事なんですかねえ 今出来る事をしっかりやって、これ以上の悪化をしない様に祈るのみですね