弾きが強くややハード
「DONIC TWISTER LB」 2.0

主に選手モデルの用具展開と青いカラーリングを使った用具展開が特徴となっている「DONIC」のラージボール用ラバー「TWISTER LB」です 日本市場では早い段階で廃盤となりました 国内程ラージ市場は海外には無い為、ドイツメーカーとしては珍しいラージボール用ラバーでしたね

ツイスターLB (1)  ツイスターLB (2)

パッケージは赤系のカラーリングと独特なデザインで目立つ物となってます DONICの表ソフトは「BAXTER F-1A」もそうでしたが、サイズがかなり小さいので、ブレードサイズに注意が必要です スポンジ硬度ではなく「ミディアム」と表記されている為、具体的な硬度は不明ですが、ラージボール用としてはややハードなタイプです 打球感としては30度前後 ですかね 強い食い込みではないです

ツイスターLB (4)  ツイスターLB (3)

粒の配列は縦目 間隔はラージ用としてはそれ程離れていないですね 硬式の表ソフトに近い印象です 粒の形状は円柱+台形で細いですね 粒の形状はラージ用に多い印象を受けます DONICのラージ用ラバーは2種類あり、もう一つのラージ用ラバー「BAXTER LB」もそうですが、厚さの上限は「2.0mm」です 質感はツヤのシートでここはドイツ系らしいですね

球離れが良く初速もラージボール用としては速い方ですが、失速がかなり早いですね 厚さの関係もありますが飛距離が出ない印象です 弾性は同じ厚さのラバーと比較すると良く、スピードが出るラバーです 打球感が硬式に近くなるので打ちやすいですね 適度に掴んで弾き飛ばすので、硬式のテンション表に近い打球感をしています  弾道は直線的です 海外メーカーのドイツ系と比較すると(タンゴウルトララージ)こちらの方が気持ちソフトな打球感です 回転性能はそれ程高いものではない印象ですがかけづらさは無い といった印象ですかね プラスチックボールでも滑らないのはグッドです

軟らかすぎないので強打時に潰れすぎる事がなく、ラージボール用の中では打ちやすいですね 硬式で強打主体のプレースタイルをラージでも行う事が可能です ただ、上限の厚さが「2.0mm」という事 これが致命的ですね メーカーが公表しているスピード数値より(メーカー公表のスピード性能は5)は出ていますが、やはり「特厚 MAX」でより飛ばしたい場合に大きくネックとなります どちらかというと「変化系」の様な扱いですが、それ程激しい変化は無く、ナックルが比較的出しやすい といったラバーですかね スピードを除くスペックがもう少し欲しい所です 後は選択肢から外れる「決定的な理由」とも言える点としては「コストパフォーマンスの悪さ」これに尽きます やはり実売価格が割高な感は否めないですね ずば抜けたスペックであれば別ですが、同価格帯のラージボール用ラバーと比較すると厳しい印象です  独特なラバーで硬式に近い打球感やスピード性能は良好なのでもったいないですね