中国卓球の歴史とその秘密を探る
~個人輸入第13陣きたる~

前回の輸入時とは打って変わって今回は非常にスムーズに輸入ができました。 今回は「中国卓球がなぜあんなに強いのか?」という素朴な疑問に対して「中国の教則などを探す」事を最優先に輸入を進めました。
DSCF1633.jpg    DSCF1635.jpg
写真左 左上段左から「バタフライ スレイバーEL スレイバーG3」 左下段左から 「JOOLA express x-plode  PALIO HADOU 普及型」 です。
「スレイバーEL&G3」は買う予定は当初なかったのですが、安かったため急遽購入です。「G3」はようやく到着です。 「express e-plode」は回転重視のテンション、ということで国内のラバーとの比較で購入です。 「HADOU」は他のPALIOのラバーに比べて使ったことが一度しかないため、購入してみました
写真右 左上段左から 「729 802-40 ドイツスポンジ BOMB Talent tension」 左下段左から 「JOOLA  express ultra  紅双喜 国狂Ⅲ ブルースポンジ」です

「802-40ドイツ」は国内でも「コクタク」から販売されていますが、パッケージが若干違いますね。他にも「鬼釜」シリーズのパッケージもありますが、今回は「豹柄」のバージョンを購入です。 スポンジが「白色」なので、「コクタク版」とほぼ同じものではないかなぁ、と見た目では思いますが「コクタク」版は輸出用のため、品質が高そうな感じですね 「Talent tension」は先に購入した「Talent」と比較のため購入です

ね。 「express ultra」、久しぶりにヨーロッパの高価格帯テンション表を使用することになります。「tango ultra」等で評価の高い「JOOLA」の表なので非常に楽しみです。 「国狂Ⅲブルースポンジ」 ついに「国用」キョウヒョウを買っちまいました・・・・(;´Д`A “` せっかく買うなら・・・・ということで、通常のスポンジではなく「ブルースポンジ」を購入です。硬度は「39度」です。
今回の主役である教材です

写真左のDVDは中国卓球の歴史ドキュメンタリーですね。 現在では見られない非常に貴重な「50~60年代」の卓球の様子などが写っています。資料としてみても貴重な物ですね~ 現在の中国卓球界の重鎮達が当時の様子などを語っていますが、「言葉が全くわからない」ため・゚・(ノД`;)・゚・ 映像でなんとなく雰囲気を感じるだけになってしまっているのが非常に残念ですね。 写真右が今回のメインの品です「学打」と書いてあり、基礎の基礎から丁寧に解説しています。 ボールが38mm時代なので少し古いですが、現在の中国卓球の元になる技術はこの時代でかなり完成されていますね。

これは「乒乓世界」が2005年に開催された「世界選手権 上海大会」の開催記念として発売した雑誌です。 内容は非常に豪華で、中国代表の歴史や、歴代チャンピオンや卓球W杯チャンピオンなどの紹介などが掲載されています。 隣にあるDVDは同梱されていたもので、内容はというと「1995」から十年間の注目の試合や選手などの紹介が写ってました。

ホントはもう少しDVDは購入したかったのですが、立て続けに売り切れていたので、今回はこれだけでしたねぇ ですが、中国の「卓球に対する考え方や技術論」の一端がわかったのは大きかったですね。今後DVDは継続して購入しようと思います。