用具検証
「Galaxya Carbon」 × 「XTEND LB」

ハードなスウェーデン製ラケット「Galaxya Carbon」とプラスチックボールにおいても回転とスピードのバランスが良い、ラージ用ドイツテンションラバー「XTEND LB」の組合せを検証・数値化

 

打球感 4 ※ラージボール換算

セルロイド時はかなり食い込んでから飛んでいく感じでしたが、プラスチック時は少し食い込みが抑え目で弾きやすくなっています 少しソフトに感じる打球感です より硬式に近い打球感になっている印象ですね なので硬式からの移行がスムーズに出来、打球感による違和感が少ない組み合わせです 相性としてはかなり良いですね Galaxya Carbonは硬質でXTEND LBはソフトなので打球感のバランスが非常に良くなってますね

弾性 7.5~8 ※ラージボール換算

Galaxya Carbonは薄めの板厚ですが重量があり(平均重量95g±)ガッチリとした打球感をしているカーボンラケットですから、ラージボール用としても相性はかなり良いラケットです XTEND LBの弾性の良さもあり、飛距離とスピードのスペックは非常に高いですね 強打・スマッシュどちらもやりやすいので、硬式のプレースタイルを変えずに移行できる点は非常に大きいです スピード性能が高いので打ち抜けるボールが打てる点も魅力です

球持ち 3.5 ※ラージボール換算

ラケットは硬質ですが、ラバーはソフトで掴んでくれるので球持ちはなかなか良い組合せとなってます 球持ちは良いですが食い込んだあとの飛び出しは良くスピードが出るので、軟らかいだけでない所が特徴ですね 食い込みの良さが抜群ですが潰れないので、強打がしやすいです ドライブの際も良く食い込んで飛ばせるので、コントロール性と打ちやすさの両立がグッドですね

総評 9.5

硬いラケットにソフトなラバー という、セオリーともいえるような組み合わせですが、これが非常にマッチしていて相性としてはほぼ完璧でしょうね バランス型のスペックが優秀なXTEND LBと硬質で弾みの良いGalaxya Carbonとの組み合わせは打球感と弾性が特に優れています 打ちやすさも抜群で飛距離もラバーが潰れすぎて飛ばしづらいという事がないのもすばらしいです ラバーやラケットの基本的なスペックは非常に優れていますが、更に優れている点としては「硬式からの移行」ですね これが非常にスムーズです 打球感に違和感がないので、ラージボール独特の打球感や弾みにストレスを感じない所がこの組み合わせの最も印象的な部分でしたね アラらしいアラが見当たらない組み合わせでした

アリ? ナシ ? 実験者感想

総評は個人的には「10」でも良いですが、これ以上の相性やスペックを誇る組み合わせが登場して欲しい という願いもこめて「9.5」としました どの技術もやりやすいですし、打っていてストレスを感じないのは非常に大きいです コストパフォーマンスもラージ用のテンションとしては良いですしね 打球感としてはちょっと軟らかいんですが、スマッシュが打ちやすいんですよねえ 回転がかけやすいのでドライブも打ちやすいです 個人的には何をするにもやりやすい組み合わせでしたね 後はセルロイドよりもプラスチックの方が打球感は好きかなあ セルロイドの方がちょっとソフト過ぎる感じだったので、この組み合わせに関してはプラスチックの方が良かったですね