用具検証
「VENTUS SPIN」 2.0mm × 「TIMO BOLL W5」

スピードタイプのドイツテンション「VENTUS SPIN」と高い人気を誇るブレードシリーズから安定性の高い5枚合板「TIMO BOLL W5」の組合せを検証・数値化

 

打球感 5.5

ラケットが少しだけ弾くタイプで、ラバーも少しだけスポンジがハードな事から打球感は少し硬めですね 気になる程の硬さではないですが、ボールを掴む感覚がより欲しい場合はラケットを替えた方が良いですね ラバーの特性とラケットの特性両方が出ている組合せですが、上手くまとまっているので、使いづらさは感じない組み合わせという印象です

弾性 6

「厚」に相当する「2.0mm」という事を考慮しても良く弾むラバーで、更にラケットも少し弾く事から「飛びが良い」印象となってます 飛距離も結構出ますね 弾道はやや直線気味ですが、強い打球でシートに食い込ませる事が可能で弧線弾道を出す事はそれ程難しくないラバーです ラケットの弾きが回転をかける際に影響しない点はグッドです 回転のかけやすさを出来るだけ落とさずに、初速のある組合せではありますね

球持ち 6~6.5

ラバーの特性とラケットの特性、両方が「やや球離れが良い・ややハード」という事からも組合せ的にはそのままの印象ですかね 軽い打球の際にもボールを小気味良く打球できるので、打っていて軽快です 回転をかける時に力を抜きすぎると回転をかけきる前に飛んでいくので、ある程度振りぬく必要があります まあ球離れの良いもの同士なので、この点は当然といえば当然ですね とはいえ球離れ自体は極端なものではないので、少しだけ早めで打球感も少し硬い程度 といった印象でしたね

総評 6

打球感が少しだけハードで球離れも若干早めですが、総じて使いやすく仕上がります スピードを重視しつつも安定性を上げたい場合はお勧めできる組合せです ラバーが一応「スピン」と銘打たれていますが、スピード寄りのスペックなので、球離れや弾きの良さを活かしていくプレーに向いています 回転がかけづらい事はないので、組合せとしてはまずまずよいですね 球離れを嫌う場合はラケットの変更となります 「厚相当」という事を考慮しても弾性が良いので、フォアは特厚 バックはこのラバーの「厚」といった使い方や両面「厚」でフォアにこれ バックに「VENTUS SOFT」を組み合わせるとバランスとしては良くなります 万能タイプではないですが、なかなか良い組合せです ラバーは素材系とも合わせやすい硬度なので、特殊素材を使用している場合、この組合せはソフトに感じるかもしれませんね  万能的な組合せではないですが、特性が良く出ている組合せです

アリ? ナシ ? 実験者感想

厚でこれだけ弾んでくれれば「アリ」ですね 回転も球離れが早めの割にはシートで掴んでくれるのでそれほどかけづらさは感じないですし  ラバーのスペックをそのまま出せている組合せです もう少し球を持ちたい場合はラケットを替えますね  ラバーの球離れと球もちの良いラケットでバランスが取りやすくはなります 今回の組合せはどちらの特徴も良く出ているんですが、使いづらくなっていない点が印象的でしたね 相性としてはなかなか良好です