用具検証
「ORIGINAL(表 A-1)」 厚 × 「QUARTET SPEED」

世界初のソフトラバーとして知られる「ORIGINAL(オリジナル)」の表ソフト版で、太目の粒が特徴のA-1と2種類の特殊素材を搭載したラケット「QUARTET SPEED」の組合せを検証・数値化

 

打球感 3.5

軟らかいスポンジのORIGINALとそれ程硬くない打球感の組合せはオフェンシブ用の特殊素材系としてはかなりソフトな打球感となります 打球時にボールをしっかりと掴むので、表ソフトとしては軟らかさが強く弾きづらさがありますね 攻撃的なラバーではなく、ナックルの出しやすさとコントロールが特徴なのですが、この特徴はしっかりと出ています ラケットが特殊素材を2種類使用していますが、フィーリングが良く反発もやや強めのラケットという事で、トータル的な打球感がソフトになっていますね

弾性 3.5

ラバーが 「非テンション+厚」 という事とラケットの特性上、それ程弾性は強くないですね 前述していますが、スピード性能は期待が出来ない組合せです これはラバーによる所が大きいですかね ラバーのスペック上、仕方の無い部分ですがブロックの安定感は抜群です 強い打球を打つ際に食い込みが強く反発も弱い為、攻撃的なプレーより守備的なプレーでの方が組合せ的には向いてますね 弾道は表ソフトらしく直線的ですが初速が速くないです 弾性に関しては厳しい印象ですね

球持ち 3

表ソフトとしてはかなりスポンジが食い込み、球離れは遅いです そしてラケットも球離れが早いタイプでもないので、球持ちがかなり良い印象を受けましたね これによりコントロール性能は高いです 使いやすさ重視の組合せですね 強打が打ちづらい、スピードが出せない点等「攻めるプレー」には不向きですね 球を持ちすぎる印象です 球離れや初速を上げたい場合はラケットを変更する方が組合せ的には良いですね 回転でもかかると良いんですけどねえ 球持ちと球質をどう活かすか ですね

総評 5

用途を限定するのであれば、それ程相性の良くない組合せではないです フォアではスピード不足で打ち抜くのは難しいので、バックでナックル+コントロール重視の組合せですかね 「使いやすい変化系」として、ラバーを見るとバック用がお勧めです ORIGINALが軽量なので、フォア側に威力のあるラバーを貼ると、異質の緩急が活かしやすくなります ただし重量バランスがフォア側に偏る点がネックですね  バックハンドで打ち抜くようなプレーで得点現にするには力不足です  決め球をフォアハンドにつなげる為の組合せになります ブロックや台上でのレシーブ等の細かなプレーで先手を取るような使い方が主な使い方ですかね

アリ? ナシ ? 実験者感想

これは微妙な所ですが「変化系のバック表」という事であれば、ギリギリ「アリ」かなあ といった所ですか 変化系のバック表「最初の一枚」としてはお勧めしやすいです ステップアップ用としてはいいですね QUALTET SPEEDとの相性は悪くないので、威力重視のラバーをフォア側に持ってくると攻撃のバランスは良くなりました 個人的にはもう少し弾きやすさとスピード性能が欲しかったですね