用具検証
「EBENHOLZ NCT Ⅶ」×「SPECTOL SPEED」

黒檀を使用したスウェーデン製ラケット「EBENHOLZ NCT Ⅶ」と数々のタイトルを獲得してきたスピード系表ソフト「SPECTOL SPEED」の組合せを検証・数値化

 

 

打球感 6~6.5

ハードウッドという硬い打球感をしているラケットとしては珍しく表ソフトとの相性がでる「EVENHOLZ NCT Ⅶ」ですが、硬めのスポンジを採用した「SPECTOL SPEED」との相性は良く、打球感がややハードな打球感で、弾きやすさを残しています ハード×ハードの組合せの場合は、かなり硬質な打球感ととなりそうですが、ラケットの方が硬さの中に掴む特性を有しているラケットなので、極端な硬さにはなっていないですね ハードタイプの表ソフトらしい打球感です

弾性 6

非テンション×木材の組合せとしては弾性が良いですね  表ソフト特有の直線的な弾道は健在です ラバーが回転よりもスピード重視のラバーですが「ナックル」等の「変化」に強さを発揮するので、この特性とコントロール性のバランスは良い印象を受けます テンション系の場合は「飛びすぎる」というケースがあるので、弾性が確保できつつ、変化の大きい球質を活かせるこの組合せはグッドですね

球持ち 3

「これぞ表ソフト」と言う球離れと直線的な弾道なので、スピード系の特徴を全て備えた組合せとなっていますがコントロール出来ない程の球離れではないですね 飛距離が出過ぎないので、ここは非テンション系の程よい弾性でバランスが取れています なので攻守のバランスが非常に良く、特にブロック・カウンター等でのコントロール性が高いですね 細かな変化がつけやすい組合せです スピード系表ソフトの特徴に使いやすさが加わっている組合せです

総評 7.5

非テンション系×木材ラケットという組合せとしては弾みが良く、弾きやすい組合せなので、攻守タイプから速攻タイプまで幅広い表プレーが可能な組合せといった印象です 直線的な弾道やナックル等の変化を始めとしたラバーの特徴をラケットが阻害する事の無い組合せとなってます 弾性をプラスしながら、コントロール性も損ねないバランスの良さが特徴的でしたね SPECTOL SPEEDを活かす組合せとしては非常に良い組合せとなりましたね 食い込みの強い表ソフトからの移行には打球感や操作性が明らかに異なる為、移行の際には注意が必要です 主に「バック表」として使用されるケースが異質攻撃は多いですが、クセ球とシャープな弾道は魅力ですね

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的にはエバンホルツNCT7×表ソフトはテンション系に関してはあまり好みではありませんでしたが、スペクトルスピードの様な硬さのある表ソフトを使用した場合は丁度良い打球感で「アリ」ですね 弾きやすさやナックルは健在ですし  フォア・バックを選ばない汎用性の高さもグッドでした 徐々に価格が上がっているスペクトルスピードですが、性能は折り紙つきで特徴がはっきりしているので、ナックル+強打をメインに使うプレースタイルであれば、やはりお勧めするラバーですね 中国系表や変化系表ソフト程のクセの強さが無い為使いやすいですが、変化の質も高いです かなり良い組合せでしたね