用具検証
「EBENHOLZ NCT Ⅶ」×「PEAK POWER」

黒檀を使用したスウェーデン製ラケット「EBENHOLZ NCT Ⅶ」とソフトな微粘着テンションラバー「PEAK POWER」の組合せを検証・数値化

 

打球感 4

EBENHOLZ NCT Ⅶは打球感がハードで弾性が強いラケットですが、PEAK POWERがソフトなラバーで総合的なバランスとしてはややソフトな打球感となります 特にラバーが打球感を軟らかくしている印象ですね ハードウッド系×粘着の組合せは打球感が硬くなりすぎてしまいますが、従来の粘着とは全く異なるラバーなのでハードウッドでも十分使いやすい組合せですね ラバー自体のスピード性能とハードウッドの特性が良く出ていますが、打球感が硬くなりすぎないバランスとなっています

弾性 6.5

PEAK POWER自体がスピード寄りのスペックでよく弾む為、ラケットとの効果で更に弾みが良くなっています ですがラバーがソフトなので打球時に食い込み、飛ばすので、安定性は高いですね  粘着を帯びた中国メーカーのラバーとしては明らかに弾性が強く軟らかいので、弾道が直線的にならず、弧線弾道でドライブが安定しますね ハードヒット系もラバーがソフトな割にはラバーが潰れすぎずに弾けるので、飛びが良さありながら安定性も確保できている組合せ といった印象ですね

球持ち 4

軽い打球の際には程よい球離れでそれ程食い込まずに飛んでいきますが、強い打球の際にそれ程強い力を必要とせずに食い込ませる事が出来る組合せですね ややソフトなテンション系の様な食い込み方をします 力の調整が容易な組合せですね 扱いの難しいハードウッドラケットの組合せとしては良く球を持つ印象です 弾性の確保をしながら、コントロール性能もあるので、威力面と安定性の両立が出来ている組合せ といった印象でしたね

総評 6.5

中国系のラバーとハードウッド これだけ聞くとハードな打球感過ぎる印象になりますが、PEAK POWERは中国ラバーらしくない事とEBENHOLZ NCT Ⅶがハードウッドの強い弾きを有しながら、硬すぎない打球感となっていたのでバランスが非常に良くなってます ラバーのスペックは回転量がそほれ程多くないものの、回転の「かけやすさ」があり弾性も強いので、打っていて気持ちが良い組合せです また「弾みが良さ=コントロールしづらい」 となっていなので、スピードを重視しながら安定性も求める場合にはお勧めできる組合せですね プラボールを使用した場合でも打球感が硬くなる事が無いので、以降がネックになる というような事も無いです  ラバーのコストパフォーマンスが良く、試しやすい点もグッドでしたね

アリ? ナシ ? 実験者感想

中国メーカーのラバーを使っている様には感じない打球感と弾性は驚きでしたね 回転量に目を瞑れば、個人的には「アリ」です ただし球質も同様に中国ラバーらしさは無く、受けやすい球質ですね なので、粘着らしさを求める場合は選択肢から外れます スピード性能やドライブの安定感が高いので、連続で打ち続ける様なプレースタイルであれば、飛ばしやすいですし良い組合せでした 打球感が特に印象的でしたねえ