用具検証
「POLARIS」×「EBENHOLZ NCT Ⅶ」

ラージボール用ラバー屈指のスピード性能を有する「POLARIS」と黒檀を使用したスウェーデン製ラケット「EBENHOLZ NCT Ⅶ」の組み合わせを検証・数値化

 

 

打球感 5.5 ※ラージボール換算

ラージボール用の用具で打った感覚は薄く、硬式のソフトなラバーで打っている感覚に近いですね その為、ラージボールとしては少しハードに感じます 軽い打球でも食い込むようなラバーが多いラージボールですが、この組み合わせの場合少し硬めのポラリスとハードウッドのエバンホルツⅦの特性が良く出ています ハードヒッターや表ソフトを硬式でも使用している場合にはストレス無く移行が出来る組み合わせですね

 

弾性 7~7.5 ※ラージボール換算

ラバーの弾みが抜群に良い為数値を底上げしていますが、ラケット自体もハードウッドなので弾みの良い物同士の組み合わせですね 相性も良く非常に良く弾むので、テンポ良く打球できます 少し掴んで弾き飛ばすので、ドライブ主体よりはハードヒット主体のプレー向きですかね ラージボールのイメージを覆すような非常にスピードのあるボールが打てますね これ以上のスピードを求める場合は素材で飛ばす様な弾むラケットとの組み合わせとなります

球持ち 6 ※ラージボール換算

球離れの良さと弾みが強いのでこの組み合わせの場合は球持ちはそれ程良くは無い印象ですね 球持ちを求める場合はラケットをソフトにする必要があります ただこのクラスの弾みを持つ7枚合板は少ない為、弾性を落とす事にもなる可能性も出てきます 硬度が若干高めで球離れが早いので、一般的なラージボール用ラバーと比較して食い込ませづらいラバーとハードな打球感をしている木材ラケットの特性が出た結果、球持ちは若干犠牲になっていますね

総評 7.5

これだけの弾性とスピード性能を有していると、ラージボールでも十分打ち抜ける点が最も大きな特徴ですね 重量的にも硬式より若干軽い程度となりますので、極端に軽量化されないのも大きいです ネックとしては回転がかけづらくなる事ですが、スピード寄りのスペックをしているポラリスですので更にスピードが活かせる組み合わせとなりましたね 回転とのバランスをとる場合はもう少しソフトなラケットに変更すると(クリッパー系等)ドライブとのバランスも良好です スピードを最優先とする組み合わせとなりましたね

アリ? ナシ ? 実験者感想

個人的には「大アリ」ですねこの組み合わせ プレースタイル的に硬式の時と変更する必要が無いので、細かな調整を必要としないのは非常に大きな要素です 回転性能に不満は残りますが、ラージボールとしては驚くほどの弾みとスピードが不足な要素をかき消しますね 特殊素材系を使用せずにこの弾性とスピードは非常に魅力的です 個人的にはこの位の硬さで丁度良かったですが、この組み合わせではラージらしい硬さが無いので好みは分かれるようですね