カットに高い安定感「バタフライ フェイントロングⅡ」
ゴクウス OX

元々は粒がとても細く柔らかい仕様で、高い変化とキレを発揮していた「Feint long」(フェイントロング)はルール改正により廃盤となってしまいました それまではかなり多くのカットプレーヤーに好まれていた粒でしたねえ ルール改正後登場したのがこの「Feint longⅡ」(フェイントロングⅡ)ですね ちなみに同時期にすでに登場しいてた「Feint soft」はまだ販売されています

 

DSCF2594.jpg   DSCF2595.jpg

旧Feint longとほぼ同じカラーリングのパッケージです ルール改正により廃盤となった旧と比較すると、変化・キレの弱体化は否めないですが、高い安定性を有しており、特にカットマンに使用者が多いですね カットマンとの対戦ではよく見るラバーでしたので、「カット用」という印象が強いです

DSCF2596.jpg   DSCF2597.jpg

粒はやや細めで、気持ち間隔が離れています 旧と比較すると少し硬くなってる感じですかねえ 個人的な印象では、旧の方がまだ柔らかかったと記憶しています 「ゴクウス・OX」共にあったため、どちらも使用していますが、弾みがかなり抑え目で、確実に返球できる印象ですね 滑りが少なく、扱いやすい粒高となってます

主な使用者はアニキですので、アニキの感想が主になるのですが、やはり「変化と・切れのバランスがとてもよい、特化した性能よりも、安定性を求めるならこれを使う」とのことですね 「Dr.Neubauer」等のような面白さや変化性能はない分、高い安定性を持っているようです カット時にしっかりと粒が倒れ、確実に「切る」カットと「変化」がバランスよく返球されてきますね 自分は「OX」をペン裏面に使用しましたが、弾みがかなり他の粒高OXと比べると抑え目なので、打たれたボールを確実に返球出来るほどの弾性ですが、弾性としては物足りなかったですね

現在は「Feint longⅢ」等も登場し、少し昔の粒高、という印象になってきている同ラバーですが、安定感が非常に高く、カットマンにとってはコントロールしやすいものではないでしょうか かつてはトップ選手も多数使用した実績のある粒高なので、性能は高いですね 堅実なプレーを目指すならこの粒はおススメです 面白いラバーを求める方は「Dr.Neubauer」や「HALLMARK」等を使いましょう(ι´ω`)つ彡