中国ラバーを試しにつかってみるなら
「PALIO HADOU 升級版」

低価格で使いやすい物がおおい「PALIO」のラバーから、登場している「HADOU」の新バージョンです 旧バージョンの「アップグレード」ということで、パッケージを真空にするなど価格はほぼ据え置きで品質等の向上が図られています

 

DSCF2136.jpg   DSCF2137.jpg

旧パッケージは紙のパッケージに真空のパッケージ加工がされていましたが、この「升級版」では「海夫」のような「真空パッケージ」となっています。 低価格帯でこのパッケージを採用しているのはほとんど見かけないですね。 品質面でもこの価格帯にしてはかなりいい方だと感じました

DSCF2138.jpg   DSCF2139.jpg

シートは旧バージョンと同じように見た目には見えます。 スポンジが旧バージョンと比較すると若干ですが、弾みが向上している感じが個人的にはしました。 硬度が「42-44度」ですが、同社のものはかなり柔らかいので、このラバーもそれほど硬さを感じるラバーではなかったです。 あまり弾性が高くなく打っていてクセもないので扱いやすいラバーですね

メーカーのスペックによるとスピードが「9.25」なので、最近の中国ラバーと比較しても弾みはおとなしいラバーですね。そのためスピード感あるボール・・・というのは正直厳しかったですね 回転性能が「9.5」とあります。回転が結構かけやすいので(ものすごく回転がかかるわけではありませんが・・・)この辺は個人的には良かったですね 弾みがおとなしいので、ショートやブロック等はかなりやりやすかったラバーです。 全体的に突出した性能がない分「使いやすさ」が際立ってますね

同社の「BIOTECH」系のラバーより気持ち硬いので「BIOTECH」独特の柔らかすぎる打球感よりはこっちの方がいいかなあ、という感じです。 弾性がかなりおとなしいので、裏面でループ主体での使用が個人的にはやりやすかったですね。 レシーブやショート系の技術が安定します。フォアで使用するならスピードや球威が厳しいので、前陣でカウンター主体のプレーだとなんとかけるのではないでしょうか 試合で使うというより「訓練型」に近い感じですかね。 中国ラバーに興味ある方はクセがないのでお試しで使うにはいいラバーです