スピード性能が若干向上
「729 802(鬼釜Ⅲ) 1.9mm 41度

説明不要の大手卓球メーカー「729」のこれまた説明不要な表ソフト「802」が若干のマイナーチェンジを経て新たに登場しました。 このシリーズはスポンジの種類が非常に多く、わかりづらい物がおおいですねぇ しかしこのメーカー共通の「使いやすさ」はこの「新鬼釜」シリーズでも踏襲されていますので、安心感のあるラバーです

 

DSCF2071.jpg   DSCF2070.jpg

新パッケージは旧パッケージと異なり、非常に明るい物となってます。 ラバーの大きさもリニューアルにあたり大きくしてほしかったんですけどねえ、相変わらずブレードの大きなラケットに貼るには微妙な大きさです。 1.9mmという厚さながら、なかなかの弾性を持っており、初速性能も速いです。 これは旧802と比較すると大きな違いですね。

DSCF2064.jpg   DSCF2065.jpg

シートはパっと見、旧バージョンの流用に見えますが、粒が若干小さくなり間隔も離れているように見えます。 後述で比較の写真を載せますが、違いがわかりやすいと思います。 打球感は41度の硬度らしくやや硬めですが「729」の硬度表記は「紅双喜」と比較すると柔らかいため、使いやすいです。 少し硬めで弾きやすいので、より表ソフトらしくなっている印象ですね

写真左側の方が「新802」です やや粒が小ぶりなのがわかります。 右側のロゴが出ている方が「旧802」ですね。粒が太く、「新802」に比べると布目も強いです。 比較するとスピード性能は「新802」の方が上で「回転性能」は旧のが上、という印象でしたね。 旧802は球持ちがやや良く使いやすい印象でしたが、新802は少し硬めの打球感で弾きやすい印象です。 旧の方が粒でひっかける感じが強いですね。 そのためドライブなど回転をかける技術は旧の方がやりやすかったです。 新は布目がややありますが、引っかかりはそれほど強くなく、旧と比較するとひっかけにくい印象です

旧はドライブを多用するタイプの方向け、新はパシッと弾く角度打ちを主とする昔ながらのタイプ向け、という感じですねえ。個人的には「新」の方が好きでした。 回転を少し犠牲にしてスピードを向上させている印象はありますが、他社の中国ラバーと比較しても回転はかかるほうだと思いますので、 バランスが良くなった、という方が正しいかもしれません。 新旧共通しているのは「抜群の使いやすさ」ですね。 ここの表ソフトはホントに使いやすくてクセがないです。 新は気持ち滑りますが、ほぼ気にならないレベルですので、表ユーザーなら問題はないです。 そのため、若干ではありますが「ナックル」が出しやすくなってますね。

スピードが出しやすく、より表らしい弾道や弾きやすさに仕上がっていますね もう少し柔らかいとより使いやすいラバーになりますね 1.9という国内だと「厚」程度の厚さにもかかわらずなかなかのスピードなので、使いやすさとスピードを両立するならこのラバーはおススメです。 やはり「729」の表は使いやすくていいですよ☆⌒d(*^ー゚)b