NEOバージョンは程よく柔らかい
「紅双喜 NEOテンキョクⅡ」 39度

紅双喜から登場しているラバーで、ナショナルチーム用も存在する「キョウヒョウ」や「テンキョク」の新バージョン「NEO」シリーズから、「テンキョクⅡ」です。 ノーマルテンキョクⅡに比べスポンジが柔らかくなり、扱いやすくなっていますが、「NEO」シリーズは「已打底」のため、かなりの弾性を持っています

 

DSCF1956.jpg  DSCF1957.jpg

オレンジのパッケージはかなり珍しいですね。 過去にあまり見たことがないです。 「NEO」シリーズは全て「真空パッケージ」となってます。 「NEO」シリーズは「キョウヒョウ」に比べて「テンキョク」は国用(国天)や省用(省天)が少なく、なかなかゲットしにくいです。 今回も見つけることができずノーマルになってますが、それでもスペックは中国ラバーの中でも屈指の性能となってますね

 

DSCF1960.jpg    DSCF1961.jpg

パッと見はノーマルと同じですが、スポンジはコチラのほうがかなり柔らかく感じます。 特に打球感は違いがあり、ノーマルに比べてこちらのほうが少し食い込む感じがしますね。そのため、コントロール力はコチラのほうが上だと思います。 打ってみると球の離れはノーマル同様かなりのもので、已打底効果もありかなりの弾みを持っています。 そのため、前陣でのプレーにはかなり難しさを感じてしまいましたね。

ノーマルと比較すると若干ですがコチラのほうが弾道が直線的過ぎないため、ドライブでも弧を描くように飛んで行きます。前述のとおりかなり弾むので、中国人選手のような前陣で早い打点でのプレーはかなりスイングスピードが速くないと確実にオーバーしますね。 木材のみのラケット(馬琳エキストラオフェンシブ)でも相当な弾みので、カーボンなんか使っちゃうと暴発系になってしまうんじゃないですかね。 もう飛び方が中国ラバーの弾み方じゃなかったですね( ̄Д ̄;;

自分達では前陣での操作は困難だったため、通常より少し下がり目(中陣までは下がりません)でプレーすると何とか対応できました。 少し打点を下げないと打てませんでしたね。 回転量もノーマルよりは少し軽いような気もしますが、かなりの回転がかかります。 かなり飛距離も出るため、さがっても十分対応できるラバーです「コレホントに中国ラバーか?」というくらいメッチャはねます。

攻撃に関してはいうことなしの同ラバーですが、回転の影響を結構受けちゃいますねぇ、シートが回転に対して敏感なようです。そのためショート系の技術ににすこしやりづらさを感じましたが、慣れれば問題のないレベルだと思います。 中国ラバーのいいところは力を加えれば弾みますが、当てるだけだとそれほど飛ばないところですねぇ、そのため台上の操作性は国内やドイツテンションと比較するとかなりやりやすいです。 このラバーも例外ではないんですが、フリックや強打・ブロック等が飛距離が出すぎてオーバーしてしまう、ということがありました。 この辺が他の中国ラバーとの弾み方の違いでしたね

この跳ね方を完全にコントロールできればすごくいいラバーです ノーマルテンキョクよりは打球感が個人的には好きでしたね。 ノーマルはちょっと硬すぎる感じがします。 中国ラバーの中でもトップクラスのスペックを持ってますね。いやーさすがは紅双喜、主力クラスのラバーは期待を裏切りません☆⌒d(*^ー゚)b 耐久性もよく、かなり長く使えますよ