用具検証
「Galaxya Carbon」 × 「TIBHAR nianmor」 2.0mm

ハードなスウェーデン製ラケット「Galaxya Carbon」と日本製バランスタイプテンション「nianmor」の組み合わせを検証・数値化

 

 

打球感 4.5

ラケットのハードな打球感をラバーの方が上手く抑えているのでそれほど硬さを感じない組み合わせとなりました 打球時にわずかに食い込み弾き出すので、軟らかすぎず・硬すぎない中間的な硬さですね 打球感にカーボン独特の響きや極端な硬質さが反映されていないのでかなり相性としては良好です

弾性 5.5 ※ 2.0mm換算

日本国内ののラバー表記で言う「アツ」に相当する厚さですが、この厚さのニアモアとギャラクシャカーボンとの組み合わせではやや弾む程度 といった印象です 高価格帯のテンション系の様なラバーと比較すると、同じ厚さの中では弾性は抑え目なので、物足りなさを感じます 適度に球離れが良く、クセが無いので使いやすい組み合わせではありますが、威力よりはバランス重視といった印象でしたね 飛びすぎる事がないので、安定性は高いです

 

球持ち 4

ラケットが硬質で強めの弾みを持っていますが、ニアモアと組み合わせた結果、それ程硬くならずに球持ちもFX系よりは硬めで一般的なラバーより若干軟らかい程度の硬さといった印象です 軽めの打球の際にはそれ程食い込みを感じませんが、強い打球の際にはしっかりと食い込むので、打球時に潰れすぎて遅れてボールが出てくるような軟らかさではないですね 相性としてはかなりバランスが良いです

総評 5

回転量を除けばどの技術もそつなくこなせるのでバランスが良い組み合わせですね 特徴やクセが無いですが、プレースタイル等を選ばない汎用性の高さは魅力です 厚さがMAX程度まであると弾性も増加するので、威力をアップさせつつ、バランスが保てる印象です 特に弾性が程よく、まずまずのスピードが出るので、アツ相当の割には良好な印象でした しかし突出したスペック という印象は無く、あくまで「バランス重視」の組み合わせですね ラケットとラバーの相性としては悪くないです ラバーのコストパフォーマンスが良いとはいえないので、総評としては可もなく不可もない といった印象でしたね

アリ? ナシ? 実験者感想

うーん あえてニアモアを選択肢に入れたい程ではなかったので「ナシ」でしょうか バック用のラバーとしては打球感は好みな方には入りますが、弾性がもう少し欲しいですね 同額であること考えると、やはり「テナジー」を選択しますね アツでも弾みは強いですし、何より回転量の圧倒的な差が決定的です 強打系は潰れすぎないのでニアモアは良いんですけどねえ 異質で使う場合、裏ソフトはやはり「回転」を重要視するので、チョイスは厳しいですね 2.0mmですし、そこそこ軽めのラバーではあるので、ギャラクシャカーボンとの組み合わせは悪くは無いですが・・・・・ 表を使う場合にバック用としてはちょっと物足りないですね 裏×裏ならバック用で使うには打球感も好みですし、やや「アリ」かな といった感想ですかね