用具検証「KEVTECH WRB」 ×  「WEST WILL」

アラミドを使用したSTIGAブランドの特殊素材ラケット「KEVTECH WRB」と回転を重視しつつ、安定性を高めたラージボール用ラバー「WEST WILL」の組み合わせを検証・数値化

 

 

打球感  2 ※ラージボール換算

打球感はかなり軟らかく、KEVTECHの硬い打球感を感じない程にラバーの軟らかさが勝っています 非常に食い込んでしまい、潰れてしまうので、「グニャグャとした」という表現になってしまいます 「弾く」という事が難しいので、このラバーを使用して硬い打球感を求める場合はラケットに相当な硬さを求める必要があります

弾性 3 ※ラージボール換算

強い食い込みの後に飛んでいくような強い弾みは無く、弾性はエントリー向けラージ用より若干弾む といった程度です 弾性を重視する場合は打球感のところでも書いている通り、ラケットの性能に頼る必要があります KEVTECHはソフトな打球感でもなく、STIGA系の中では弾む特殊素材の系統ですが(板厚も厚め) そのラケットの弾みを吸収してしまう様な感じになっているので、ドライブが中心のプレー以外は難しいですね ハードヒット系の場合は潰れすぎてしまうので、飛ばす事が非常に困難です 合わせる様なプレーではまず飛距離不足なので、ここはかなりネックですね

球持ち 1.5 ※ラージボール換算

エントリー向けのラバーを除くと相当な球持ちの良さです 非常に食い込みが良い為、接触時間が長くドライブの安定感は抜群ですね ただ、回転はかけ易いですが、スピード性能に関しては「×」ですかね ラバーのキャッチフレーズに「脅威の安定性」と言う文言がありますが、これに関してはこの組み合わせではその通りです スピードを犠牲にして「返球」を第一に考える場合は、フルスイングしてもボールはコートに入ってくれるので、気にせず打っていけるのはグッドな所でしょうか

総評 3

抜群の球持ちの良さと回転のかけやすさ 後はラバーの価格でしょうか それ以外はちょっとグッドではないですね 特にKEVTECHの良さが活かしきれていないので、組み合わせの相性的には「▲~×」です ただ、ドライブを何本も打っていくにはミスはしないので、ミスを減らして攻撃を意識する場合には安心感はあります ただ、どう頑張っても飛ばす事が難しいので、スピードが出ないのが・・・・・・ ここが非常にネックですね また、飛距離が出ない出ない為にネットにかかる事が多かったのも厳しいです ラケットで弾みが稼げないとこのラバーはどう組み合わせても厳しい印象になりそうですね 表ユーザーの移行にはお勧めできない組み合わせです ドライブ主戦プレーヤーでもフィーリングを特に重視したプレーヤーでないと敬遠されそうな組み合わせですかね

アリ? ナシ ? 実験者感想

共通した意見としては「飛ばない・軟らかすぎる」でした 使い方が限定されます よって「ナシ」ですねえ 特に表ユーザーである自分としてはフォア用ではスマッシュを打つ事が難しかったですね 前陣でドライブを打つ分にはやりやすいんですが、スピードが出ない事がやはり「うーん」でした 兄の感想としては「ドライブは安定するが、下げられた時に距離が出ない事が辛い カット等には使いやすい ただ、ラージでカットは下げられた時にやる位が丁度いいので、プレー的には限定される ファアでは威力不足」 という感想です フルスイングしてもスピードが出ないのはちょっと辛いです